記事一覧

VIKING祭り。どこかで見たあの一足・・・。

最近更新が途絶えている悲しいブログ。やる気が減ってやがるな!VIKING祭りやってるのに、まったくなんという腑抜けめ。更新をしようと思っても写真の取り直しをするのに、雪が降ってままならぬ。それに部屋が寒いというのもあります。北海道はそろそろサムイーのでございます。おお、寒い。指先が辛いです。室内用にAMAZONで見つけた指だし手袋を購入検討しております。まあ、それはそれ!さぁ、いくぜ。最後のVIKING使者。こ、こ...

続きを読む

VIKING祭り。砂利さん本物か、否か!?

VIKING祭りはまだ続くッ第三弾!今度こそ、おそらく本物のVIKING。ということは、貴様ー!先の二足はニセモノだったのか!そんなで二発もやるとは不届きなヤローだぜ。ごめんなさい、すみません。今までは、同デザインの後年版と、そもそもフローシャイムにまったく関係のないロブリーでした。今度こそ本物。と、思われます。「S-1403」おそらく50年代中ごろのものと思われる一足・・・・・・なのは、もう知っちょるよ。と、思われるかも...

続きを読む

VIKING祭り、でもロブリーの赤いイナズマ。

英国ヤローは片付いた!次は再び、VIKING祭り!!いえ、VIKINGなんてそうそう残弾はないのですが・・・。ずっとご紹介してませんでした、この赤いロブリーさんを。同タイプ!探せば色んなところが作っていたようですね。S-1311タイプ。いや、もうここまで色々なところが出している以上、S-1311タイプというのは相応しくないのかもしれませんね。4連ステッチバージョン!!遠目だと巨大な一本の線のように見えるのが、ステキな特徴な...

続きを読む

破廉恥英国レッドさん。

英国紳士、二夜限りの過ちシリーズ第二段!!勿論デッド。いくぜー。爛れたシューズ生活の記録!「Sir Herbert Barker」 Barkerなので現存するものの前身かと思いきや、81年に潰れた会社らしいです。特徴は、英国紳士の風上にも置けぬ軟派ヤロー!赤い!ステッチ黄色い!ステッチ多い!年代は60sとのことですが、果たして実際は・・・?ソールはロゴ入り。そして釘打ち。ヒドゥンだぜ。履くのが勿体無いという、デッド愛好家の方の気...

続きを読む

二夜限りの過ちシューズ。

VIKING祭りの続き!・・・・・・の、前に、先にやっておかねばならないことがあるのです。デッド祭り!に、起用する予定だった、一途な筈の私が犯した、たった一夜の過ち!英国紳士シューズである。George Webb、飾りステッチプレーントゥ。デッドストック!このシボシボな外見、太い黒糸ステッチ。何故私が英国に手を出してしまったか・・・?お解り頂けることと思います。なんですと、自己弁論すんなって?本当は二夜の過ちなので、ちょっ...

続きを読む

プロフィール

スニゲーター

Author:スニゲーター
FC2ブログへようこそ!