記事一覧

フランクなジョンストンさんとマーフィーさん。

イカさんシューズはまだすっぴん状態なのでお預け。
そういえばずっと載せていなかった、フランク・ブラザーズにご登場していただきます。
最近買ったのに載せ忘れが多いじゃん。といわれるかもしれません。しかし、本当は覚えているのです。ただちょっと細かく色々ありまして・・・。覚えてますよ、ロブリーとか。

IMG_20170811_152115.jpg

ワタクシ、初フランク・ブラザーズです。ちなみに持っているジョンストン&マーフィーもこれ1足。昔はもう二足ありましたが、さようならしました。
製造は恐らくジョンストン&マーフィー。出品者様も言っていましたが、私もそう思います。恐らくの根拠は・・・・・・。

s1600jnma.jpg

かつてジョンストン&マーフィーで似たような靴が流れているのを発見したからです。
ストレートかウイングの違い。アンティーク加工が成されていますが、成されていないタイプも見かけました。そちらだと明らかにデザインの方向性が同じだということが解ります。
コイツ、マイサイズで90ドルでした。・・・思えば見逃すには、かなり勿体無い1足でした・・・・・・。

IMG_20170811_152242.jpg

イメージとしては、フローシャイムの王者、皇帝にかなり近い雰囲気です。もしもこれで2.2ステッチなら、皇帝を超えていると言っても過言ではありませんでした。(あとストームウェルトとか)
デザインはロイヤル皇帝ストラトフォード。ジョンストン&マーフィーならでは、ステッチの異様な細かさは、流石といったところで、ビン靴界において、今一つピンと来ないことが多い、ジョンストン&マーフィーの面目躍如といったところでしょうか。

IMG_20170811_152134.jpg

360度グッドイヤー。
背中は巻き上げ、ドッグテイル・・・というか・・・。

r81dntr.gif

興奮したキャット様のようです。
危険な野郎だぜ、フランクなのに。

IMG_20170811_152145.jpg

手前の巻上げも、特殊で印象的です。
古いジョンストン&マーフィーは、造りは頑張っているけれど・・・デザインが面白くない。
そういうイメージで見られることが多いのではないでしょうか。私も正直面白みのなさに、滅多に食指が伸びません。ステッチの数も英国を意識し過ぎて、アメリカ靴にしては手抜きにすら見えます。いや、本当は解っているんです。もの凄く気合の入ったものを出していたことくらい。しかし、だったら英国買うよ。ということになってしまうため、難しいところなのです。
ですが、たまにこういうアタリを出してくるので、油断なりません。

IMG_20170811_152223.jpg

あ、パンチ抜き忘れが・・・。

IMG_20170811_152251.jpg

良し悪しでいうと、かなり良しだと思います。ジョンストン&マーフィーは当たり外れが大きいので、大きく当ててくれて、愛好家大満足の1足ではないでしょうか。Vクリートだってついてるぜ!(危ないけれど・・・)
皇帝買おうかな?と考えていましたが、こいつがあれば、普通な皇帝はいいかな。という気になります。
今度は上記のストレートタイプ、これも是非ほしいです。今後探索にジョンストン&マーフィーを加えようか。ちょっと考えちゃいます。(こいつは加えるともの凄く手間がかかるため、今まで見てませんでした・・・)
スポンサーサイト

コメント

No title

Frank Brothers カッコいいです。羨ましいです。
ジョンマーは高級靴メーカーと言われているわりには、いい個体は市場に残っていませんよね。特に60sまでのものがほとんど出てこない。しかも70sのものは質がガクンと落ちるようです。日本のライセンス品の出来が良かったので、オリジナルに過剰な期待をしすぎて、何度か煮え湯を飲まされてきました。
だから、60s以前やハンドメイドラインへの憧れが強いですね。
そしてFrank Brothers 版にも強い憧れがあります。
こちらもマイサイズがなかなか出てきませんが、良質のジョンマーが期待できます。
未だに縁がない「欲しいもの」です。

No title

>なおけんたさん
ジョンマーは、良いもの。となると極端に個体数が少ないですからね・・・。
以前アリストクラフトを3足持っていましたが、1足目はガラス仕様で・・・うーん。悪いとは思いませんが、アリストクラフトでガラスかー。といった有様。ホールカットだったので、購入時は凄く期待したのですが・・・。
その後はサドル、Uチップスペクテイターと続きましたが、70sと80sだったと今では思います。なんというか・・・どちらも魅力らしい魅力はなく、大した事なかったです。
なんとなく、没落の背景が見えてしまう気がします。いや、粘った会社というのは知ってはいるのですが、仮にも高級ラインのクオリティがこの程度なのかと。
まぁ、かつてのフローシャイムなどで目が肥えてしまったというのもありますが、仮にも高級靴のジョンマーでしょうに!と思ってしまいました。
私にとっても、初の、ジョンマー本当の実力。ですね。
たまに古く良いジョンマーはあるのですが、売り手が強気すぎて・・・案外これこそ国内が狙いどころかもしれませんね。

おおっ、私が購入した茶と同時に出されていた、というやつですね。
やっぱり黒かっこいいです。すごく状態もよさそうですし。


No title

FB名義のJMはデザイン的にひと捻りあるモノが多いですね。魅力的だと思います。
で、やはりJMの最高峰はハンドメイド。。。。
レベルが圧倒的に別次元です。

ジョンソンさんとマーフィーさん良いですねえ。
いつも検索しては徒労に終わります。
この前ハンドメイドグレードのデッドに手を伸ばしかけましたが、、、
これこそ気長に待つしかないブランドだなあと思ってます。

No title

>まるすけさん
本当は茶がほしかったのですが・・・茶は微妙に高かったので断念しました。
ですが最近部屋が茶だらけになってきているので、まぁ、結果良かったのだと思います。
ちなみに表ばかり写し、底を写さないのは、一度運悪く雨にやられて、微妙に汚くなってしまったからだったりします・・・。
いや、全く着用に問題ないんですけれどね。元が綺麗だったので、思ったより見た目に出てしまいました。雨道を革底で歩く恐怖を学びましたよ・・・。

No title

>europeanblendさん
デザインがフランクさんで造りがジョンストンさんなんでしょうかね?
フランク・ブラザーズ名義は大体面白い形しています。
そちらの50sの革質には負けますが、こいつも中々です。実際、変型初期インペリアルというのがイメージとして近い靴です。
これで私はモスやゴールデンハーベストに集中できるということです。ありがたや。
手書きは既に諦めているタイプだったのですが、ビン靴の天地を歩いていると、案外思いもしなかったもので出てくるので、奇跡、信じていいかもしれませんね。

No title

>Ironさん
ジョンマーさんの検索は大体徒労ですね。
私もこの道そこそこ歩んでますが、今の基準でアタリ。といえるジョンマーは、10足に満たないです。
だからこそきっぱり諦めるべきか、だからこそ掘り当てるまで頑張るか、果たしてどちらがクレバーでしょう・・・?

No title

何たるボフボフのしっぽ!(~o~)コイツはたまらんですなあ。

このジョンマーのデザイン、おもしろいですね。内羽根のストラトフォードといったカンジ。サイドの切り返しがヒールカップまで伸びている。普通ならヒールカップ部分は途中で落ちていて、羽根の谷になるんですが。メダリオンはコンコルドっぽい。ありそうでないデザインですな。

No title

>クロマメさん
ちょっと変ってますね。ストラトっぽくもあるが、明らかに違う。
あと最初はストラトが、グラフトンのパクリを働いた。とばかり思っていたのですが、どうもこいつはミッドセンチュリー時代のアメリカ靴に、たまに見られたデザインのようです。
とはいえ内羽根はこれが初。やっぱフランクさんは一味違う。

No title

そういえばここの靴、私も持っていました。。。
出数が少ないのですが、旧いジョンマーを探すよりもこちらで検索した方が楽な気もします。
まともにジョンマーを検索すると結構な時間が掛かる割に収穫が少ないので。

でもステイシーよりかは検索楽だと思います^^;

No title

>tomojin329さん
持ってらっしゃいましたか。無いようである、そういう靴なのでしょうか。
古いジョンマーは本当に骨折り損です。もの凄い数が出るのに、良いものの割合は限りなく低い。
あと一見普通そうなのが凄かったり・・・まったく愛好家泣かせの野郎です。
しかし、実のところ私はステイシーのが簡単だと思っています。もっとも五十歩百歩の世界ですが・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スニゲーター

Author:スニゲーター
FC2ブログへようこそ!