記事一覧

謎の羽ばたく自由人。

ふと思いました。こいつ、一体何年の品なのでしょうか?フリーマンなのですが、ロゴはイッツアフリーマンタイプでして、ようするに50sの靴。というざっくりした判別で見ていましたが、考えてみれば、タイプはロングウイング。ビン靴界隈の方なら御存知でしょう。50sのロングウイングは相当珍しい。ロングウイング!50年代!といううたい文句でオークションに流している人がたまにいますが、正直あれを見て、オイオイ、度胸あんなこ...

続きを読む

赤いイナズマ!自由人。

知ったときはびっくり。赤いイナズマ、赤シボシリーズ第二段。イッツ・ア・フリーマン!これがフローシャイムのS番に相当する品だと知ったときは驚きました。小窓、ロングウイング。この二つの組み合わせは、大体70s~80sなわけです。ボストニアンもハノーバーもウエインバーグも、大体この組み合わせだとこの辺の年代。つまり、フリーマンはそんな後年の流れを先んじたわけですね。赤シボで細かい出し縫い、ロングウイング。よく...

続きを読む

王者の前身

FREEMAN退院。おめでとー。古靴界隈においては、ぎっくり腰の如く厄介で、なおかつ死に到る病でもある履き口の破れ。ちゃんと生きて帰ってきてくれました。おめでとー。赤シボロングウイング。思えばありそうでなかったものではないでしょうか。ワイン色ではなく完全な赤です。茶色い紐ではなく、ここは赤を冴えさせる黒を用意いたしました。嬉しいようなそうでないような・・・。小窓。60年台でしょうか。ミッドセンチュリー靴を集め...

続きを読む

ファック出品者・ファイン長羽根

届いた二足の片方。関税かかりませんでした。ウレシーです。かかったらファッキュー記事になるところでした。さて、正体はフリーマン。フローシャイムやウエインバーグのような、この界隈の顔役達と比べられ、今一つなイメージをもたれがちですが、しっかり良いものを造っているところだと思います。BOOTMAKER GUILDの60sのものだと思われ、小窓がついています。小窓はこの界隈では、フローシャイム以外、基本は今一つ、なんて感じ...

続きを読む