記事一覧

現代馬によるシューズ博徒の危機!

皇帝93605の肖像画。う、美しい・・・。やはりコードバンには独自の魅力があるのは認めざるを得ない。ポップなプログレ。という思えばもの凄い珍名盤。しかしこれ、半世紀前の広告である。これを現代において私は履いている。これこそ、詠時感~時へのロマン!!テメーが何故ビン靴など履いてやがるのか?と問われれば、まさにそのロマンが大きな理由の一つである。ところでビン靴界隈は空前のコードバンブームが起きており、今現在、...

続きを読む

ひっそり。内側の戦い。

こんな平穏に思える、柔らかな日差し射す小春日和。日曜日っていいなぁ、と、私は11時ごろまで、のんびり、随分寝てしまっていました。このヌケ作め!お前が今どれだけ恐ろしい状況にあるか解っているのか。太陽光線と黒点の周期に理解を示さないのか。22世紀まで後何分あるというのでしょうか?あなたは神を信じますか?世界の終わりは近づいています!お気付きでしょうかッ。あなたの周りには危険が迫っています!なにがって、靴...

続きを読む

私は計算をしない!

春。それは北海道に住む、全ての革靴愛好家が、いっせいに革靴を手入れし出す時期であります。しかし悲しいかな。思い知るのは自らのケア用品層の軟弱さで、もっとちゃんとそろえておかねばならぬ。という現実を目の当たりにするのです。靴持ってんのにケア用品は持ってねーのな!仕方ない、買うか・・・。という訳で、今私のほしいもの!ケア用品編。先に断わっておきますが、目新しいものは一切ない記事となっております。こんなの...

続きを読む

ブルースの足元を見る。

たまにやること・・・。30年代の人、ロバート・ジョンソン。十字路で悪魔に魂を売ったとかなんとか、いわくアリのブルースミュージシャンですが、まぁ、別にそこはいいよ・・・。今更そこにああだこうだ言うつもりは一切ございません。映画や漫画にもなっている人ですが、この人短命すぎ、30年代の南部の黒人の人生なんて解る筈ない。というところで、脚色だらけのモノが出来上がっているのは言うに及ばず。漫画、「俺と悪魔のブルース」...

続きを読む

皺、疲労、労働、日曜。

御分かりいただけるだろうか・・・?恐らくは50sにあった趣向。アッパーに2本(それ以外もあったのかもしれませんが・・・)あらかじめアッパーに線を入れておくことで、皺を防ぐという、50sに見られる、フラップシューズなどの、靴という小さな世界ですが、そこに対する技術革新の試行錯誤なのでしょう。よく見るとこの写真でも確認できますね。これ、なんとkuromameさんより頂いた、The Ramblerに隠れていました。譲り受けたときはデッ...

続きを読む