記事一覧

もいっちょステイシー

今回は良いステイシーアダムスを手に入れたから、今週はステイシー週間!(ベルモットのときにやろうと思って忘れていた・・・)本日はステイシーアダムス。アポロです。もう外見からしてアレですね。流石はステイシー。そういうジャズ。スウィング。古き良きハリウッドのスクリーンめいたデザインです。ロングノーズも時にはいいよね!勿論ステッチは細かいのです。流石古いぜ、ステイシー。出し縫いはほぼ黒の靴墨で塗りつぶされてい...

続きを読む

ウツクシー白タグ

手入れ終了、ステイシーアダムス。こちらもベルモットと同じく、形は現在のものと同じでも、名前は違うのでは・・・?と思いましたが、そんなことありませんでした。デイトンです。この細面に、履いて流石に足が痛くなりましたが、その辺は柔らかい革であるというところが幸いし、ダスコ・レザーストレッチで問題なく履けるくらいには広がってくれました。剥がれかけ。白タグ。でも初期白タグはもしかすると黒タグより希少なのではな...

続きを読む

Black or White

この間のステイシーですが・・・・・・。残念、白タグでした!黒に票を投じた方々は、ペナルティーとして「ファントムオブオパラダイス」を観るように(笑)(写真は使い回し・・・夜だから見辛いものしか撮れません)しかし実際はぜんぜん残念ではありません。これは強がりではなく、本当にです。むしろ革質は、所有するステイシーではトップなくらいで、シボは例の、~60sまでの特徴的なシボでありまして、スムースの美しさは、70s辺りのエナ...

続きを読む

ベルモットさんを磨く。

先日のステイシーアダムス・ベルモット。如何にも上品そうな名前だぜ。日曜日に保湿と油とクリームをぶち込んで、うんざりするほど拭きました。放っておいている時間も長かったですが、結構な、日曜日の時間を喰ってくれました。朝っぱらから夕方まで。まったくベルモットさんは困った靴です。でもその日に履きたかったのだから仕方ありません。ご覧のとおり、その後のステイシーとはステッチの幅が違います。流石は黒タグといった...

続きを読む

戦利品

先日入手したステイシーアダムス。タグは何色ですかー?という軟弱な質問をしたのですが、出品者は、たとえ購入の意思があるとしても、「質問には沈黙で答える」という、ストロングスタイルをとっていたため、もう写真の情報を全てで買うしかありませんでした。駄目だったら切ないけれども、ステイシーアダムスならそれでいいや。と思い、購入。そして到着・・・・・・。よっしゃ、黒タグ!つまり私の目は、予想は大正解でありまして、見...

続きを読む