記事一覧

ステイシーのフェザー級チャンプ。

あの素晴らしい靴をもう一度。ステイシー再び。デイトンの次にすぐやるつもりだったのですが、色々あって結構遅れながら、ステイシーアダムス「ベルモット」現行のマディソンの原型と思われるデザインは、似ているようで細部のレベルがまったく違う。流石は古いステイシーだぜ・・・。実際、オークションの写真を一目見ただけで、写っておらずとも黒タグと解りました。革もキッドで柔らかくも頑丈。かつてのステイシーだもん、当然出...

続きを読む

逆襲してくれ、ステイシー。

夏が近くなってきやがりました。暑くて暑くて、やってらんねーファッキュー。でも、革靴の履き甲斐はありますね!なんていったって冬は雪により絶対に履けない地域に住んでいるので、夏でもウレシー。あっ、勿論全国の皆様も年中履いてらっしゃるんですよね!知ってますよ。あの素晴らしい靴をもう一度シリーズ。今回は私がひっそり愛好するステイシーアダムス。ビン靴愛好家の方々にとって、特別なのはフローシャイムかと思います...

続きを読む

ステイシー、70s、でも好き。

ジージャンに革手袋かー。前回の記事の続き。白く気取った、映画「ドライヴ」ジャケットを着て、ライアンゴスリングを気取りつつ、ポケットに手を突っ込み歩く。ならば、足元は当然・・・。血ですね!そしてステイシーアダムス。これで決定でしょう。ブーツではありませんが、短靴ならある。そう、こいつ。今回はあの素晴らしい靴をもう一度記事です。血塗れのステイシーアダムス!衝撃の1足です。えっ?元から赤じゃないかですって?...

続きを読む

もいっちょステイシー

今回は良いステイシーアダムスを手に入れたから、今週はステイシー週間!(ベルモットのときにやろうと思って忘れていた・・・)本日はステイシーアダムス。アポロです。もう外見からしてアレですね。流石はステイシー。そういうジャズ。スウィング。古き良きハリウッドのスクリーンめいたデザインです。ロングノーズも時にはいいよね!勿論ステッチは細かいのです。流石古いぜ、ステイシー。出し縫いはほぼ黒の靴墨で塗りつぶされてい...

続きを読む

ウツクシー白タグ

手入れ終了、ステイシーアダムス。こちらもベルモットと同じく、形は現在のものと同じでも、名前は違うのでは・・・?と思いましたが、そんなことありませんでした。デイトンです。この細面に、履いて流石に足が痛くなりましたが、その辺は柔らかい革であるというところが幸いし、ダスコ・レザーストレッチで問題なく履けるくらいには広がってくれました。剥がれかけ。白タグ。でも初期白タグはもしかすると黒タグより希少なのではな...

続きを読む