記事一覧

ジャックとレミー

モーターヘッドのレミー・キルミスターが亡くなってしまった。なんてこった。無敵の男がまた一人・・・。追悼の意で、コーラのジャックダニエル割りを呑む。ジャックダニエルのコーラ割りではなく、コーラのジャックダニエル割りであるため、ハイボールのような生易しい飲み物ではないのです。しかし別にロックでもいけるのだし、そんな大した事ないでしょう。と思っていたら甘かった。この甘い味に感覚が麻痺し、案外呑めるものの、...

続きを読む

夢のS番台

フローシャイム、夢のS番台!赤シボの圧倒的な存在感を持つ、フローシャイムの底力が詰まった一品。恐らくはバイキングのプレーン。50年代前半の品ではないかと睨んでいます。どこから見ても目立つ、すさまじい出し縫いです。今このレベルを出すとすればいくらになるのでしょうか・・・?よく思うつまらない考えですが、これを見るとまた思ってしまいます。しかしこのレベルだと仕方が無い・・・。S1403番。ロゴすらもなんだか格好...

続きを読む

FUCK YOU

参ってしまいました。ebayで夏にトラブルに遭い、しばらくは恐れて近づきもしていなかったのですが、最近復帰。・・・・・・そして復帰第一弾でトラブル。原因は、靴の出品者の表記サイズと実際のサイズが違うという事でした。そう考えると一方的に向こうが悪いのですが、今回は写真の中に、ライニング表記が写っているとの事で返品を拒否され、FUCK YOUしか文句を思いつかない私には非常に辛い状況です。間にいくつか挟んでいる状況で...

続きを読む

パチモンと対話せよ

珍時計シリーズ。持っている弾が少ないため、シリーズといえるレベルには達しません。左右非対称の形を持つ、50s後半~60s前半のデザインです。・・・・・・それのパチモンです。本物は、暴利すぎる。性能が低すぎる。などの理由で検討した事すらありません。本物の復刻もありますが、そっちはプレミアが付きすぎているため、この程度で済ませます。デザイン性はこちらと同じような、如何にも50sのSF的なイメージが漂う品です。車という...

続きを読む

蘇生作業結果

先日のビンテージ展示品蘇生実験の結果。屍と名高いデッドストック展示品に対する、反魂作業に、冷や冷やしながらやってみました。・・・まだ誰もちゃんと履いていないので解りません。というなんとも煮えきらぬ結果ですが、あからさまに、履けば破ける。状態であったため、まあ、それなりの成功と呼べるのではないでしょうか。喜びの声を頂けたのが何よりでした。一度お店の人が靴べらを使わず(なんという無謀!!)履いて、問題な...

続きを読む

年末の悪魔

今年も終わり。ここでわざわざ、一年あっという間だったなどと、ありきたりな前置きをするつもりもありません。しかし内容はやはりありきたりです。年末、お金がいくらあっても足りませんね。そんな内容です。しかしなんというか、ここ最近オークションのビンテージ靴が凄い事になっていると思います。40sボストニアン。40sナンブッシュ。50sネトルトン。挙句はかのファンが多いフローシャイムバイキングタイプなフリーマンのデッ...

続きを読む

蘇生第三弾

お店の展示品を蘇生。第三弾。今度はデッドストックではありません。使い込まれた中古品です。靴としてはワーク靴なのでしょう。しかし流石は古い品です。細かく趣向が懲らしてあります。今ではそこそこの靴でさえ、こんな手間は惜しむでしょうね。ですが控えめに言ってもボロボロ。悪く言えば死にかけ。いや見る人によっては十分屍でしょうね。状態は大分悪いです。不安なのがこの表面の状態でしょうか・・・。良くなってくれればい...

続きを読む

起毛との戦い

お店の展示デッドストックを蘇生第二段です。今度はなんとスペクテイター。さらに、よりによって白ヌバックというハードルの高さ。正方向は迂闊に使えません。高すぎるハードルは、下を潜るのが楽。と言いますが、今回は私も、中途半端な期待は投げ捨て諦められました。いや、それでも最初は内側からグリセリン水を塗ればいいのでは?と思ったりしましたが、生憎内側は布張り。その手は非常に困難であり、ちゃんとした保水は困難と...

続きを読む

恐怖!ミイラ男

50sEndicott JohnsonのEndwellです。エラスティックで、紛れもないデッドストックという貴重品。この靴は私のものではありません・先日、地元の古着屋さんでこの靴を預かりました。お店は完全に売り物として諦めており、もうどうせ駄目だよ。という投げやりな気持ちで、ビンテージ靴を収集している私に、一縷の望みと遊びで預けてくれました。まるでプロじゃないか!という自惚れと、わーい。モルモットが手に入ったぞ。という邪...

続きを読む