記事一覧

再び赤い悪夢

そろそろ節約かな。と思ったのです。まだ載せていないだけで、何足か買っているので、流石にバカスカ払いすぎている。節約です。馬鹿はほどほどにしましょう・・・。と思っているけどebayのFlorsheimを見てると・・・!!!!こ、これは・・・。この赤シボ。ギザキャップ。2,2ステッチ。VIKING!?に見えましたが、細部がちと違うようです。しかし兄弟規格なのでしょうか?感じが同じです。驚きのあまり購入してしまいそうになりましたが...

続きを読む

英国式ロイヤルインペリアル!!

旧フローシャイムロイヤルインペリアル。その中でも比較的表に出てくるモデル、Staratfordです。少し変った形をしたロングウイングとして名が知れており、魅力的なシボ革が魅せる、アメリカビンテージ靴愛好家の間では、一つの目標なのではないでしょうか。内側は最初の年だけ製造されたとされる、シボ革です。ロイヤル表記がほぼ消えてしまっているのは残念ですが・・・。この間まではまだ良心的な値段だったのですが、今ではヤフー...

続きを読む

ギリギリの格闘映画好きかも・・・

不覚にもウルウルきてしまった映画です。最も泣ける映画とされている作品であるため、反骨意識が湧き、俺は泣かんぞ。と思いながら観たのですが・・・駄目でした。元ボクサーのチャンピオンなのに落ちぶれて今は見る影もなし。口だけはカムバックをするつもりでいるという情けない野郎なのですが・・・。という内容です。ストーリーは粗だらけ。内容も無駄なものが多く、魅せどころも解りやすいし、主役もそこまで魅力的ではありません。...

続きを読む

進むべきか引くべきか

私の部屋は日照条件が悪い。薄暗いため、陽が沈むと碌な写真が撮れない。もっと言うと、カメラも数年前のスマートフォンによる写真のため、写るものはなんだかぼやけている。さらに言うと、雪国のため日照条件が四六時中悪かったりすることも多いので、どうもちゃんと写真が写せない。そもそもこの時期は履けないので購買意欲が湧かないので新鮮なネタが増えない。反面この冬はDVD収集に熱が入っているのですが、ようやく枚数が三...

続きを読む

スカーフェイスだけれども

先日のナンブッシュ。一通り手入れをしたのだが・・・。結果的に先の方はこういった状態であります。思いのほかヒビが強く残ってしまった。恐らく元の状態が相当の厚化粧だったと思われます。おのれ、やってくれるな・・・!ネットオークションの写真家の方々は誤魔化しのプロの方でもいらっしゃるのでしょうか。と思うくらいには散々掴まされてきたので、まあこの程度なら苦笑いで済ませます。面白い型ですし、状態が状態なので、普段履...

続きを読む

ナンブッシュ、お休み。

風邪をひいた。つ、つらいなー。ナンブッシュを手入れする余裕すらなし。こんなときはホラー映画だ!と映画を観るも、今一つホラーじゃない内容に、だるさが酷くなり精神の中枢がゆらゆらします。いっそ松田優作を観ていれば・・・。こういうときは保険つきのものを観るべきでした。結局靴を触れなかったので、ナンブッシュは後日。今回はボストニアンです。恐らくは50s~60s前半かと。ビンテージのストレートチップ!一体何足目でし...

続きを読む

ハンチングが世界一似合う男

かつて木曜洋画劇場のCMで迂闊にも注目してしまったヴァン・ダム。そして、その中から、「その男、ヴァン・ダム」を久しぶりに観ました。内容は昔は凄かった人が、今では没落し、いい歳なのに安いギャラでアクションをやらされる俳優の無念の体験をパロディでやっています。所々、主役のヴァン・ダムから、関わった様々な人への呪詛が感じられるような邪悪なパロディ映画でした(笑)ミッキー・ロークの名作、「レスラー」とほぼ同時...

続きを読む

スッピンナントレントン

この間入手したナンブッシュのちょっと変ったプレーン。よく見るとクリームの厚塗りでべこべこ、傷もあります。これはいけない。歴戦の猛者、レザリアンとサドルソープのコンビで挑みます。私はこの昭和臭い一品をリムーバーよりも愛用しております。まずレザリアンでジャブ。サドルソープで相手を崩し、今一度レザリアン。そして更にサドルソープ。という気の遠くなる往復運動を続けていると・・・これがこうなりました!素顔は存外...

続きを読む