記事一覧

カナディアンマンさんごめんなさい。

カナディアンマンが届きました。あらかじめ言っておくと、でも、どうせカナダだろ、大したことないんだろ?などと、正直軽んじていたのであります。70sアメリカ靴程度のクオリティがありゃあ、まあ、いいや。だなんて、無礼千万の考えを持っていました。馬鹿者め!甘かったのです。カナダは素晴らしい!参ったね、こりゃあ。甘っちょろいイギリス靴を追い詰めるくらいのクオリティがありました。すみません。カナディアンマンさん...

続きを読む

ドイツからのダブルインパクト

エドウィンクラップ!ここはデータが少なすぎるので、一体いつ頃の品なのかは不明ですが、新しくとも60s。コンセプト的には~40sかと思われるくらいのデザインです。まだ保湿もしないうちにこの綺麗な雰囲気、流石は江戸勝利拍手。底を見れば解る凄まじさ。革靴のクオリティの判別点の一つは、間違いなく靴底です。足元を見る。なんて言葉がありますが、足元では足りません。羽山脈、及び羽の谷は当然素晴らしい。それだけではなく...

続きを読む

茶色ブラウン

茶、茶、茶。家の茶をかき集めました。赤はお留守番です。カメラでネタ再利用シリーズ。その中でも、やはりこの趣味の道における原点のフローシャイムを二足。似ているようで違う二足です。ぜーんぜん違うのです。名称はThe Ramblerと、不明の30335。ランブラーはたまに見かけますが、30335はこの1足しか見たことありません。何気にレアなのか?古いものにしては特徴が薄いので、 大体履き潰されてしまったのかもしれません。片方...

続きを読む

ミステリーセンキュー

ある朝メールを見ていて暁天しました。Your invoice for eBay purchasesとかいうタイトルなのです。むむ、これは面妖な。イングリッシュのメール。海外の邪悪なポルノサイトからのメールでしょうか。英国諜報機関からの罠でしょうか。皆目見当がつきません。一体何だというのでしょう。私は勇気を絞り、そのメールをクリックするのです。そうすると・・・。なんか、センキューとか書いてあるのです。誰も知らん相手にセンキューされる...

続きを読む

約束された大当たり

ここ二週間、映画にハズレを引き続けた影響で、映画を観るという行為に対し、苦しみが生じ、気分が悪くなり、身に刻まれた拒絶反応にのリハビリを必要としました。オールドボーイに引き続き、約束された傑作!絶対のアタリ!!私の最も好きな映画の一つ、ジョージロメロの傑作、ドーンオブザデッド!邦題はストレートにゾンビだぜ!!最早当然の如く面白かったです。人生、この映画をあと何十回観るのでしょうか・・・。ホラーの要素...

続きを読む

変顔帽子ヤロー

私のとっておき品のひとつ、WEYENBERGことPorto-Pedのストレートです。一時期ウエインバーグにはやたらと縁があり、極め付けがこれでした。40年代の品で、底はヒドゥン、スペードではないですが、角張ったソールも素敵です。当然布タグです。内側の革が駄目になってきていたので、張り替えていただいたのですが、布タグだけは、どうにか・・・!と懇願し、付け直していただきました。しかしお蔭でライニングナンバーが今や不明。特徴...

続きを読む

世紀末半島救世主

太った・・・。と嘆いてダッシュ。そしてウエイトトレーニング。イエス。一週間で体重が1.5キロ減。なんだかラクショーでした。ついでにマッチョにでもなったろかしらん。と思うくらいには。ところで最近とにかく映画がつまらない・・・ハズレばかり引く・・・・・・。と嘆いていたのですが、救世主は、なんと朝鮮半島からやってきました。最近韓国映画が凄い!というのは聞いていたのですが、にわかに信じてはいませんでした。というのも、か...

続きを読む

大英帝国の衰退ならびに滅亡

先日のワイルド英国野郎の続報。そして私にとって訃報。釣り込みなおしという、荒業を使ってサイズを調整だ!という、私のもくろみでしたが、職人さんから返答はこうでした。「先端が上手く形になってくれるか解らない。おそらくオリジナルの要素を大きく損なう。非常に綺麗な状態のこの靴をバラすのは気が引ける」一つ目は、完全に試してみないと解らないとのことでした。案外気にならないかもしれないし、もしかするとガッカリか...

続きを読む

赤い戦い!

靴が増える!ぎえええ。そろそろ身を切るような、所持品の処分をしなければなるまい。く、苦しい。そんな嬉しかったり悲しかったりの新たな野郎。赤シボ外羽根ストレート。ストレート愛好家として、是非このテのはほしかったのである。内羽根もいいけれど、たまには外羽根もいいよね!まだ手元にないので、語れる事無し!早く来ないかなー。こっちのロブリーさんにするかどうかは、半月近く悩みました。しかし、値段が・・・。こっち...

続きを読む

黒と茶のタッグ。

あの素晴らしい靴をもう一度シリーズ第三弾。今度はハノーバー。ハノーバーといえば、フローシャイムインペリアルを手に入れた人が、次に手に入れる高レベルの靴として選ぶ選択肢でしょう。ビンテージ靴がブームになった初期、LBシェパードは随分高騰していた記憶があります。ですがミッドセンチュリー時代に興味を持つと、途端に弾がない事に気付いてしまう靴ではないでしょうか。S番台よりもレアですが、ハノーバーだってミッ...

続きを読む

ストレートチップ愛好家の宿命!

最近体重計に乗り、びっくり、57キロあるではありませんか。57といえば、平均体重から6キロ軽いため、むしろ大分痩せている数値なのですが、ずっと56だった筈である。元インストラクターの身としては、この僅かな数値が恐い・・・。というのも、インストラクターをやっていた人間は、大体辞めるともの凄い勢いで太るのである。私はローペースであるが、地道に太っていたのだ!安定がないというのは恐い。確か辞めたときは55キロ...

続きを読む

CURSE YOU ALL MEN!

引き続き、新しいカメラによる以前の靴。今度はロブリー!その隣には強烈な自己アピールを振りまくキャット。ある日家の前でミャアミャア大声で鳴いていて、なんのこっちゃとドアを開けるとそのまま入ってきて、今日に到るまで家にいる一歳の女の子です。邪魔なだけで何の意味も成さないアーチサポート。冗談抜きで、ただ単に革を貼っただけという、ぞんざい且つ挑戦的な恐るべきアイディア。仮にもロブリーというブランドが、飲食...

続きを読む

ドイツの襲撃

カメラが新しくなったので、過去の靴を再び。僕はてっきり40sより古いのでは?と、最初に勝手な勘違いをした一足のMANZ。たぶん50s。というのは、これ、特徴が完全にミッドセンチュリー以前のそれで、何故って彼はドイツからの使者。アメリカ靴とは雰囲気が違う。そのパワーはカールゴッチの如き、ジャーマンスープレックス級の衝撃を私に与えてくれました。内側もそうなのですが・・・。造りの全体的な雰囲気が、非常にクラシックな...

続きを読む

Welcome to Hell

昨日見つけたステイシーアダムス。ミントコンディション、黒タグ、箱つき、ジャストサイズ、お値段手ごろ。まるで私の普段の素行に対する、神仏の御褒美かのごとき感動的な代物でしたが、結局お流れ。どうせダメというメイクオファーで、ぐずぐずしているうちに終了。普段だったら・・・。そんな投げやりなことをせず、即決で買ったかもしれません。しかし、今はなぁ~。と思い、見逃しに等しいメイクオファーで流しました。というの...

続きを読む

沈黙の羊

久々に名画、「羊たちの沈黙」を観た。この映画を観るのは、実に久しぶりではあるものの、思えばちゃんと観た記憶はない。おそらくは、幼少の頃、ロードショーでやっていたのを観た、ような、記憶があるだけだからである。レクター博士、そしてクラリス。どちらも憶えはありますが、実際どんな内容だっけ?と思いながら追っていきました。率直な感想の前に・・・。「バキ」の死刑囚編の導入場面、この作品を使いすぎですね・・・(笑)元ネ...

続きを読む

プロフィール

スニゲーター

Author:スニゲーター
FC2ブログへようこそ!