記事一覧

茶色い地味な子

本日はあまり見かけない会社の靴です。ROBLEE。
胴元は同じ会社。そこのカジュアルのPEDWINと上級のROBLEE。兄弟靴関係ですが、やんちゃなペドウィンと比べ、大人しいお兄さんといったところでしょうか。
名前の響きがまず良いですね。

20151106_232344.jpg

恐らくは50sストレートチップの茶!まだはじめたばかりだが、一体何度目だ、50sストレート。

20151106_232511.jpg

細かいパンチにステッチ。外見的には、大人しいお兄さんという事もあり、これくらいしか特徴がない・・・。
だが実際は、大きな特徴はむしろ内側にこそ収められており、地味ですが、隠し玉をしっかり持っているのです。

20151106_232424.jpg

そう、アーチサポート付きなのです。
特徴薄いと思わせておいて、やるじゃないか。見直したぜ。などと、買ったときは思いましたが、これが中々の曲者でした。
なんと革を一枚、内側に貼っただけ。という、なんとも挑戦的なアーチサポート仕様じゃありませんか。
しかも革は硬化気味で、むしろ無いほうが履き心地良いのでは・・・。と訝しむばかりなのであります。

先日のフローシャイムのアーチサポートとは比べるまでも無し。
しかし革はしっかりしており、決して悪い物じゃないんですよね。そして私はこんなどうしようもない地味なところが好きなのです。

ロブリーとペドウィン。どちらも謎の多い靴ですが、是非色々知りたいです。しかし個体数が少なすぎる・・・。
面白い靴をいくつも出しています。まだそれ程注目の集まっていない、隠れた実力派であってくれたりしないだろうか。もし、だったら嬉しいなあ。とオークションを眺める日々でした。

しかし写真を撮るのが私は下手だなあ。スキルを磨かないと。まあまずはもっとちゃんとした新しい照明に変えなきゃ。暗すぎる。
スポンサーサイト

コメント

No title

Roblee、良いですよね(>_<)
憧れブランドだったので、初めて旧いデッドを手に入れたときはそれは嬉しかった。。。

Pedwinはおっしゃるように廉価版というか、若者向けラインだったのでしょう。WeyenbergでいうとOlympicライン、FlorsheimのWorthmoreという。

Brown Shoe Co系は、この独特の内部表記なので見分けが付けやすいですよね。

No title

>europeanblendさん
ロブリーいいですね!名前の響きも好きです。
しかし個体数がとにかく少ない。ebayにロブリーのUウイングがあるので検討してますが、状態が若干怪しい・・・。関税さえなければ多少無茶できるんですがね。TPPはとりあえず革靴だけ税金外してくれないでしょうか・・・(笑)

No title

ROBLEEは確かに個体数は少ないですが、ebayで「おっ?」と思わず注目してしまう赤茶のアッパーの靴がROBLEEであることが結構ありますね。マイサイズが出てこないので手にしたことはありませんけど。
アーチサポートにならないアーチサポート、面白いですね。おそらく真剣に装着していてんでしょうからそこがまた面白い。

Pedwinは同じ会社だったんですね。原宿のルビーズでデッドを扱っていたような気がします。

No title

>なおけんたさん
ちっとも出てきてくれないですね。私もこれ一足のみです。出てくるのはたしかに赤茶が多いですね。
恐らく50,60年代辺りが全盛期の靴だったのでしょう。

この辺は試行錯誤の時代だったのでしょうね。この微笑ましい空振りっぷり。そう言われると愛嬌が湧きます(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スニゲーター

Author:スニゲーター
FC2ブログへようこそ!