記事一覧

ハンバーガーからカレーへ。

今日、私のところは雨です。お蔭で靴はリーガルのゴム底の靴を履いていました。
湿っぽいですね。折角の休日にも拘らず、なにをすればいいのか、ちっとも解りません。そんな中で、たまに音楽の話を。
音楽と映画は私の靴趣味の根源なのです。

僕はかつてロックが好きで好きで、学生時代、一体持っていたお金の何割を音楽に掛けたのか。計り知れません。なけなしの虎の子。きっと数字を出されると、恥ずかしさで半笑いが止まらなくなり、非常に気味の悪い表情になるでしょう・・・。
しかしある意味、それは今尚終わっちゃいないのです。というのは、私が靴を集めた切っ掛けが、そもそも音楽からだったのです。

flap_eddie1.jpg

フラップシューズ。記事を書いていて、eBayに漂う当時のものをほしくなります・・・。ぐぐ、でもサイズが際どい・・・。

それこそビートルズやストーンズではなく、チャックベリーやプレスリーから聴いていて、パンクやプログレは勿論、サイケを詰め込み、オルタナもお腹いっぱいになるまで頂きました。そして迂闊に食らえば体を壊しそうなメタルにだって手を出していました。メタルのTシャツを集める事が趣味だった、異常者の時期も私にはありました・・・。
語ることはないでしょうが、ちょっとくらいであればブラックメタルの話もできます。(デスメタルは無理です。あれは人間の聴く音楽ではありません)
日本のロックも70年代辺りまで聴いています。国内なら手を出さなかったのは、60年代グループサウンズくらいでしょうか。あれは・・・なんででしょうか、どうしても僕には合いませんでした。

ロックの元ネタである、ブルースも渡りました。この辺は特に古い靴を漁る上で影響があります。
具体的な靴はほぼ不明なのですが、雰囲気、解るでしょう。あの雰囲気がここにあるのです。

rbj1.jpg

流石に黒人ミュージシャン。ステイシーアダムスっぽい感じがします。外羽根のストレートです。
ちなみにジャズミュージシャンは大体ブーツなので参考になりませんでした・・・。
何故でしょう?戦前ジャズの写真集を見ると、全員ブーツでした。


こういった、時代時代で違うものを見聞きするのは楽しく、音楽で私の探求、コレクター意識はこの頃育まれたのだと思われます。
ちなみに今ではアジア、インド、キューバ音楽などに手を出しております。
私も迷走していると思います。どこへ行くのでしょう?どこに行きたいのでしょう?
ビートルズが後半どんどん狂っていって、アホだなー。と思ったのもかつての話。今や私が同じ目にあうとは・・・・・・。
ある日突然革靴を全て廃棄し、サンダルを履きだしたら、つまりはそういうことです。イッちまったんだぁ・・・。とでも思っておいてください。





カレーが食べたくなりますね。ちゃんした向こうのカレーが。


スポンサーサイト

コメント

No title

>くろまめさん
ないようであるもんですね。モノそのものは感動的な一品です。しかしサイズ的に絶対無理だ・・・・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スニゲーター

Author:スニゲーター
FC2ブログへようこそ!