記事一覧

シンプルイズベストと信じる

20160807_142300.jpg


イカ底フットジョイ、クリームなどを塗っておめかし仕上がり。
やはり端の尖り具合が魅力的です。
表は状態も良かったため、簡単につややかになってくれました。
というか最初から軽く拭くだけでそれなりに輝いてくれる靴だったので、手入れに関しては何の問題もありません。もしかすると保湿も必要なかったのかもしれません。
きっときちんとクリームや油を塗られ、ケースや箱へ、大事にしまわれていたのでしょう。ありがとう、元の持ち主さん。

そしてゴルフシューズを日常靴にする場合の、肝心要の部分である底ですが・・・。

20160807_142322.jpg

そのまま!
スパイクを抜いてそのままとなりました。
え、そのままかよ。と言われてしまいそうですが、職人さんとの相談の結果。手を入れるのは勿体無い。スパイクの螺子の金属部分が表に出るまではこれで問題ないとのこと。

20160807_142328.jpg

底もゴルフで使われていたとはいえ、減りは無いといっても過言ではない状態である。
ハーフソールがおそらく一番無難な手段であるのですが、魅力を損なうということで完全にそのままです。穴は小石が入ってしまうのですが、下手な塞ぎ方をするくらいなら、とりあえずこのままにしておくことに。

・・・しかし状態が良いため、意外と気にならないのですよね。
それにハーフソールをやる場合、ヒールはどうする?かかとだけ穴だらけか?となってしまうため、結果的に結構良い金額になってしまうこと。オールソールをやるには勿体無さ過ぎるということ。諸々の事情で、やはりこのままなのです。
お蔭で手術時間は三時間程、手術料は500円と非常にリーズナブルな結果に。
よっしゃ。なんか別のことに使えるぞ。よっしゃ。

20160807_142311.jpg

なんか最近ウイングに縁がある気がします。
しばらくストレート一択だったため、久々にこの流れに身を任せてみることにします。
だってウイングってやっぱり格好良い・・・。
スポンサーサイト

コメント

No title

これが最良の選択かもしれませんね。
このソールは大事にしないと。
穴に小石がどんどん入り込んできて、インソールが局部的に盛り上がってくるということはないんですよね?
穴の奥は金属製のネジが防いでくれるんですかね。
それにしてもかっこいい。

No title

>なおけんたさん
この感じをなくしてしまうと意味がなくなっちゃいますからね。
筒状にした革やコルクでふさぐとか色々考えましたが、おそらくベストとはならないでしょう。やはりそのままにすべきでした。

小石が入る事はあっても、直ぐに落ちてくれます。
つまり実質ほぼ気にする必要もないというところでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スニゲーター

Author:スニゲーター
FC2ブログへようこそ!