記事一覧

ハムレット方式の悩み

先日、例の赤シボ、S1311の亜種の靴が、関税を含むと4万円落ちていた。

デッドだったとはいえ、この値段。うーん。着いて行けねえや・・・。となってしまいました。
くさしてしまうと、実際細部が異なっていました。太いステッチではなく、あくまで普通のステッチだったし、インソールの欠品もありました。
しかし4万円・・・。改めてこの靴の人気を思い知りました・・・。

そして私はほぼ同時期に、この靴を入手しました。4千円!イエス!

20160812_154930.jpg

SAXONの50sと思われる品です。状態は汚く、いや、洗い甲斐がある状態です!
磨けばいくらでも光りそうな感じをだしてくれています。いやぁ、ハッピーハッピー。と、いいたいところです、が。

20160812_155014.jpg


そもそもこの靴、なんで4千円かというと、出品者のタイトルのつけ方が良くなかったということと、サイズが11というビッグザフットーっぷりでして・・・。そして、何故こんな靴を買ったかというと、出品者のサイズ表記を疑うという、ebayには良くあるとはいえ、あまりに無謀な思考で挑んだからなのです。

20160812_154958.jpg


というのは、ライニングの表記が良くわからなかったというところにあるのですが、その浅はかな希望的観測はもろくも崩れました。
ちゃんと11みたいです。ちなみにこの出品者様。質問には購入の意思があろうとも沈黙で答えるというストロングスタイルでした。お蔭でアウトソールの長さを聞こうとしたのですが、取り合ってもらえませんでした。ドチクショー。

20160812_154947.jpg

モノ自体は紛れも無く、例の品に違いありません。
サイズが合えば感動的ですが、私の足は8Dであり、とても無理です。むしろ口惜しさが自分の中で渦巻いています。ぐぐぐぐ。

20160812_154943.jpg

しかし靴というものは、実は最終手段があるのです・・・。
靴は、最悪の最悪、釣り込みなおしという禁断の手段があり・・・大きさの多少の調節は可能だそうです・・・。しかしオールソールより当然高い!それはそうか、オールソールよりも前の過程を再現するのですから。

あとサイズが3も違うと、流石に吊り込み直しでもアンバランスになってしまうかもしれません・・・。
ど、どうしよう。売ってお金にしてしまうか。大枚叩いて吊り込み直し・・・うーん。

mnu.jpg


まったく魔性の赤シボです。人をとことん錯乱させてくれます。邪悪なメノウのような魅力に、私は正常な判断力が働かない・・・。
スポンサーサイト

コメント

No title

いい靴ですねえ。
私はUS10Dですから許容範囲かも・・・いや、UKサイズですかね?

私に届いた靴は、明らかにセラーのサイズ感が間違ってますね。
履けますけど、長さが長く、幅が少しタイト気味。
10Dではなく、11Bくらいかなと。
サイズ表記がないと危ないです。
お互い、古靴はサイズのリスクが辛いですね。

No title

ナイスなシボですね!
ぜひ流してください(笑)

SAXONE って、どこのサクソンだろう。。。?
スコットランドのメーカーかな?と思いましたが、
どうもロゴが違う。

http://forums.vintagefashionguild.org/threads/help-with-date-of-mens-shoes.43745/

取りあえず、ロゴはコレですね。

No title

>なおけんたさん
あまりの外見的インパクトで惑わされていましたが、このタイプの靴は、ゴツイく大きく見えるけれど案外そうでもないという感じで、サイズ的にはUS10D~11Cくらいでしょうか?内羽根なので、体感的になだけかもしれません。 なににせよちゃんと履いて調べるのはサイズ的に無理で・・・。

とりあえずどうするか考えています。2サイズ程度なら吊り込み直しいけるか?しかし数万すっ飛ぶ金銭的にも荒業なので、職人さんと相談となりそうです・・・。


セーラーの間違いは良いものであるほどショックが大きいですからね。
40sエンディコットジョンソン、デッドが2サイズ小さかったのは恨みましたよ!セーラーを!(笑)
まぁ今回の私は勝手に自爆した形なのですが・・・(笑)
柔らかい革でしたら、ここで以前の記事にて取り上げた、「ダスコ レザーストレッチ」がお薦めです。
BでしたらCワイズくらいまでは伸ばしてくれる優れモノです。ちなみにストレッチをかけるときもこれがあると、いつもよりストレッチがかかるそうですよ。

No title

>europeanblendさん
軽く調べてみたところ、英国靴っぽいです。
ということは、英国もこの形、やってたんだ!これはびっくり。
やたらと革が柔らかく、アメリカっぽくないなぁ。と思っていたところに新情報です。もしや、スコッチグレイン・・・?などと希望的観測をいつもどおり持っておきます(笑)

ど、どうしましょう・・・流したくないです(笑)

No title

これまたナイスなスコッチグレインですねえ。


まさにS1311。このシボには私もめっぽう弱いです笑

ebayで、このテの革を見ただけで、アドレナリンがドバッと吹き出ます。

No title

>kuromameさん
そちらこそついにこのタイプのを見つけられたようですね。しかも現状最古でしょうか。
無いようであるんですよね・・・1年におそらく、世界中で10足くらい動いているのでしょう・・・。

このテのシボは何度見てもいいです。
今のものとなにが違うのでしょうか?製法が根本的に違うと思えるほど雰囲気に差があります。

コメントの投稿

非公開コメント