記事一覧

王者の前身

IMG_20160828_165836.jpg


FREEMAN退院。おめでとー。
古靴界隈においては、ぎっくり腰の如く厄介で、なおかつ死に到る病でもある履き口の破れ。
ちゃんと生きて帰ってきてくれました。おめでとー。
赤シボロングウイング。思えばありそうでなかったものではないでしょうか。ワイン色ではなく完全な赤です。
茶色い紐ではなく、ここは赤を冴えさせる黒を用意いたしました。

IMG_20160828_165950.jpg

嬉しいようなそうでないような・・・。小窓。60年台でしょうか。
ミッドセンチュリー靴を集めだすと、なぁんだ、小窓かー。だなんて、小生意気な事を思ってしまうようになりますが、(除く、フローシャイム)たまに引くと嬉しいものです。

IMG_20160828_165853.jpg

赤い正面。

IMG_20160828_170005.jpg

アップ。
カメラが新しくなって、以前よりくっきり綺麗に写してくれます。
赤シボ、外側出し縫い。古い時代の良いものが揃っています。

IMG_20160828_165901.jpg

ミッドセンチュリーを漁ると、ロングウイングの雰囲気に、微妙なものを覚えてしまいがちです。しかし間違いなく70年代前後の王者はロングウイングです。しかし王者なだけに、その時代の象徴のようなイメージがついて・・・。うーん。
ですがこの王者ではない、下積み時代のロングは雰囲気が好みに合います。Varsityや旧ロイヤルのStratfordなど、まだまだ魅力的なロングもあるということですね。
スポンサーサイト

コメント

No title

このロゴのは50年代以前だと認識しています。
フローシャイムで言えばS品番期。

素晴らしいお宝です^_^

これで安心して履けますね。

Re: No title

>europeanblendさん
!!なんと、60sフローシャイムのオークションで負けた腹いせに買ったものが50sだっただなんて・・・。
しかもロングウイングで50sって相当珍しいのでは・・・。
これは大事にしなくてはいけませんね。完全に普段履き用のつもりでしたから。ああ恐ろしい(笑)

No title

オシリのところ、縫ってもらったんですね。カッコイイデザインのオシリですよね。

50sフリーマン、なかなか侮れないですね。

テリーマンも侮れないですぞ。スピニングトゥーホールドとか笑。地味に効いてくるカンジで。

No title

>kuromameさん
こいつの羽の付け根も素敵ですが、やはり特徴は魅惑のヒップでしょうか(笑)
例のS1311型も出していますし、良いものを沢山秘めているところだと思います。

そして、テリーマンを挙げるとは。流石目の付け所が違います・・・!
皆、地味だ地味だといいますが、格好良いだろ!ザ・テリーマン!!
語らせると記事一週間分くらいは平気でいけますので、割愛させていただきます・・・。

コメントの投稿

非公開コメント