記事一覧

Welcome to Hell

syadms2.jpg


昨日見つけたステイシーアダムス。

ミントコンディション、黒タグ、箱つき、ジャストサイズ、お値段手ごろ。
まるで私の普段の素行に対する、神仏の御褒美かのごとき感動的な代物でしたが、結局お流れ。
どうせダメというメイクオファーで、ぐずぐずしているうちに終了。
普段だったら・・・。そんな投げやりなことをせず、即決で買ったかもしれません。しかし、今はなぁ~。と思い、見逃しに等しいメイクオファーで流しました。

というのも、計算してみたのです。私が今ほしい靴、ヤフーとebayで流れているものの総額、それが・・・・・・。
丁度10万円でした!じゅうまんえん!社会人なら頑張ればなんとかなる金額というところが恐ろしい・・・。ですが、そうそう無茶をする気もありません。

最近、やたら良い靴が出てくる気がします。去年も似たようなことを思いましたが、今年はさらにレベルが上がっているのではないでしょうか・・・。
そして値段も上がっています。売る方だって解っているのですね・・・・・・。

先日の、赤シボ英国スコッチグレインさんの手術は、やはり先になりそうです。
強引な手術は一度他のもので試してみないと不安要素が高い行為だからだそうです。仕方ありませんね。覚悟していたお金が浮きました。
よって、お金がちょっと余ってて・・・。いらない靴をざっと処分しようかとも考えていて・・・。売ればネガティブに捉えても、3万円以上はいくと捉えているのですが、覚悟分のお金と合わせると、結構なお金になるのです。
うーん。10万円かー。でもやっぱ馬鹿げてるかなー?たって、オールデン一足新品で買ったと思えばむしろちょっと安いしなー。


なんて考えは、泥沼。地獄への宿付き片道切符です。でも私はそれがほしい・・・。
スポンサーサイト

コメント

No title

私もこれ、スニゲーターさんが行くだろうなと思っていましたが笑

黒ですかねえ。白ですかねえ。ふひひひひ。

10万円というのは、一つの目安ですね。私も可処分所得は多くはありませんが、やりくりすれば何とか集まる金額。

余裕があり過ぎると、かえって散在してしまいますし、限られた枠のなかで知恵を用いるのが楽しいように思います。

No title

>kuromameさん
どうもクロマメさんと見ているものは被りますね・・・。
実のところ、クロマメさんの最近買ったweyenbergは私もかなり悩んだ末の見送りでした。
そしてこれは黒です。画像にカーソルを合わせた瞬間の色の反転で見えました(我ながら妙な見方をしているな・・・)

古靴の世界というのは、ある種のトレジャーハンティングですからね。軽装で如何に良いものを拾い上げるかが楽しさでもあります。
資本を背景にやると、どうもやってることがおかしくなります。
そういう意味では、最近のebayの値段の吊りあがり方は、お金ではなく気持ちが付いて行かないです。

でも、でもたまに爆発したくなるんですよねぇ・・・。多分実行はしませんが、爽快にぱーっと。やってしまいたくなります。

コメントの投稿

非公開コメント