記事一覧

変顔帽子ヤロー

IMG_20160914_105833.jpg


私のとっておき品のひとつ、WEYENBERGことPorto-Pedのストレートです。
一時期ウエインバーグにはやたらと縁があり、極め付けがこれでした。

IMG_20160914_103256.jpg


40年代の品で、底はヒドゥン、スペードではないですが、角張ったソールも素敵です。

IMG_20160914_103248.jpg

当然布タグです。
内側の革が駄目になってきていたので、張り替えていただいたのですが、布タグだけは、どうにか・・・!と懇願し、付け直していただきました。しかしお蔭でライニングナンバーが今や不明。

IMG_20160914_103237.jpg

特徴はこの、うねる正面のお顔に、張り出した帽子のツバでしょうか。
フローシャイムならやんなかっただろうな。という奇怪さが一目で気に入りました。

IMG_20160914_105905.jpg

横から見るとこんな感じです。ついでにキャット様のおみ足が。

IMG_20160914_105824.jpg

こういう、いかにも40sストレート!というこれ、シンプルながらに強烈です。
最近でこそ、アメリカらしく多少のゴツさがあっても良いのですが、かつてはこの華奢な靴こそを目的に収集していました。
まさに目的どんぴしゃ。
しかしこういう靴はあんまり履けませんね。大事にしてしまいます。しかしそれでは本末転倒。ちゃんとたまに履いてやらねばなー。
スポンサーサイト

コメント

No title

これすごく細く見えるんですけど、ウィズはどんだけですか?
40sはまだ手にしたことがありませんが、革の色、雰囲気がいいですね。
70歳ですからおそらくデリケートでしょうね。
履けない気持ちもわかります。

No title

>なおけんたさん
ライニング不明なため、なんともいえませんが、確かCかDだったと思われます。それでこのスリムさ。
40年代の魅力の一つで、やたらと細いシルエットです。
勿論履くのが大変なんですけれどね・・・。この辺だと、2サイズ上のものを選ぶくらいで丁度良いのかもしれません。
私のビンテージ靴の趣味、ど真ん中の一つです。

コメントの投稿

非公開コメント