記事一覧

謎の靴

何時頃の品なのだろうか・・・?ドイツのMANZなのですが・・・。

20151109_140243.jpg

特徴はなんといっても飾りステッチなプレーン。ストレートならたまに見るが、プレーンで飾りステッチはほとんど見ない代物であります。

20151109_140247.jpg

ヒドゥンチャネルなところ、40年代だろうか?と思ったけれども、これ、US表記でドイツ製なんですよね。40年代は戦争な事を考えると、40年代後半か、或いはその前であろうか・・・?

20151109_140307.jpg

そもそもドイツとは如何なる靴を作る国であるのか?そもそも第二次世界大戦後の好景気っぷりで潤うアメリカに、わざわざ傾いたドイツから靴を買う必要なんてあったのでしょうか?南北分断でガタガタのドイツが?ならば戦前?歴史の事を靴で考える羽目になろうとは・・・。うむむ。
しかし型から考えると、4,50年代とは思えぬ型で、こんなスクエア型、流石に当時では時代遅れの型ではなかろうか?或いは、その遅れてしまった時代の靴ではなかろうか?などと勝手に考えてしまう靴なのであります。

恐らくはヨーロッパの伝統主義が残したクラシックな型なのでしょうけれども、答えが出ないため、都合のいい解釈を弄ぶ。そんな靴なのであります。

20151109_140252.jpg
スポンサーサイト

コメント

No title

確かにプレーンで飾りステッチは珍しいですね。

勝手な想像ですが、、、
50年代のアメリカは好景気に沸きましたから、国内需要を賄うために、靴メーカーの多いヨーロッパ方面に発注をかけた可能性はあるかと。

ドイツの旧い靴にも実は注目しています(^^ゞ

No title

>europeanblendさん
やはり50年代くらいですかねえ。ドイツは基準が不明なのでさっぱりです。
過去にプレーン飾りステッチを他にも見たことがあるのですが、それもドイツ製でした。もしかするとドイツじゃあ流行ったタイプなのかもしれません。
しかし職人泣かせのデザインをプレーンでやるとは・・・。ドイツの勇気はすさまじいものです(笑)

コメントの投稿

非公開コメント