記事一覧

U-wingとU-wingとU-wing。

20150601154012447.jpg
N.O.S. w/boxさんから拝借・・・。

やるって言った事を半月ほったらかし。よくある事ですね。
U-wing比較。果たしてステッチの数が違うだけなのか?フローシャイムとウエインバーグ、バーリトゥードで向き合ったらどっちが強いのか?U-wingという、まぼろしの靴という枠組みで、如何なる闘争が繰り広げられていたのか?
ビンテージ靴界では、今もU-wingが売られている。一体、誰がU-wingを見張るのか。誰がU-wingをウォッチするのか。U-wingウォッチ超人、U-wingディアススニゲーターが、今立ち上がる──。

IMG_20161104_154804.jpg
サイズはS1414が9Bウエインバーグは8ハーフD

フローシャイムS1414とウエインバーグ。
本当は別に会社のレベルを競う。だなんて気持ちは更々無いのですが、フローシャイムの通常、2.2タイプのU-wingを所有していないためこうなりました。
おそらくあまり差の無い時期の靴にも関わらず、流石に違います。まあ明らかにS1414は気合が違うため、比較になると、そりゃあ勝つでしょ。という感じではあるのですが・・・
S1414の方がスリムです。Bワイズだから当たり前なんですが・・・。形も綺麗です。

IMG_20161104_154810.jpg

ステッチの数だけではありません。革の断面などの処置も、流石の貫禄。

IMG_20161104_154820.jpg
IMG_20161104_154829.jpg

横から見た図。ステッチが目立って、S1414は魅力的である反面・・・羽の谷がない!
ここはちょっぴり残念でした。ウイングタイプの靴は、このウイング部分の交差が好きなため、えー。と思いましたが、これはこれで、変った趣向で、やっぱ特殊なんだな。と思えるため、今となってはお気に入りです。

IMG_20161104_154845.jpg
お尻・・・背中?

後姿は、S1414の、ステッチだけではなく全体的な完成度の高さを見せ付けてくれます。
旧ロイヤルのストラトフォードやコンコルドもそうですが、フローシャイムはたまに非常にレベルの高い履き口を見せてくれます。
ヒールに関してだと、360度縫いも素晴らしいですが、見てくれの美しさはS1414です。セメントが採用されるっていうのは、こういう理由からなんでしょうね。

やはりS1414は造りのレベルが高いです。ウエインバーグだっていいのですよ!
ですが、これは流石に相手が悪い。
何故か私は縁がある(と思っている!)U-wing。とにかく、何故か出会う。手を出していないだけで、見つけたものも結構あります。
その中で、ウエインバーグは、確実に素晴らしい一品に違いないのです。ウエインバーグが下回ったのではなく、フローシャイムが上回った形になったのです。最早流石としかいいようがありません。
内羽根のU-wingでは、最高の一品だと思います。無理して買って良かったです。



IMG_20161104_154933.jpg
IMG_20161104_154942.jpg

オマケのメッシュとの比較。
まぁこの辺は流石に大きく違います。

pdwuw.jpg

オマケ2。ペドウィン。
ロカビリー時代の忌み子。先月eBayを流れていました。これもある種の5ステッチ。
スポンサーサイト

コメント

No title

これは両方とも圧巻ですね。
当時の値段から言ったらフローシャイムの方が若干「格上」かもしれませんが、まあ、「両巨頭」と言って差し支えないかと。ウェインバーグのこのバーガンディカラーも凄く良いです。たぶん、4連(5連)→2連×2連に「進化」していったのかな、と。何となく都会的に見えますし。この辺は好みでしょうけど。それにしても贅沢な比較ですね^_^

No title

>europeanblendさん
U-wingの内羽根はもういいかもしれません。S1414、ウエインバーグ布タグ、スペクテイター。正直もう満足です。案外、外羽根の方がバラエティー豊かなので、そっちで面白いものを見つけたいですね。
5連ステッチは凄いのですが、後から発掘する側の楽しみであり、当時の人にとって、逆に不恰好だったと思います。
素直に現行品。として見ると、2.2ステッチの方が、デザインとして優れていると思います。当時の太糸ステッチなんかもそうですが、単純に服装の一部としては、変・・・ですし。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スニゲーター

Author:スニゲーター
FC2ブログへようこそ!