記事一覧

謎の角シューズ。

IMG_20170318_163531.jpg
哀しみの衝動買い。

先日札幌の口惜しさを払拭するべく購入した靴。
表面が気味の悪いくらいもっちりしている触感でして、内部にスポンジでも仕込んでいるのでは?というくらいにもっちり。
当然古着として買ったばかりの状態ですので、乾燥しているにも関わらずこれ。これはポテンシャル、高いぞ!

IMG_20170318_163547.jpg
アールデコの名残。

最大の魅力はここ。角張ったサイド、ステッチ。
サイドは時代につれ徐々に丸くなってゆきます。50sくらいだと、フローシャイムの、「The Rambler」などがこういうタイプですね。
こちらは完全に角張っています。こういうのは20sや30sに見かけるタイプですが・・・さて、こいつはいつ頃のものでしょうか・・・。

IMG_20170318_163535.jpg
み、見づらい・・・。

正体不明と思われたメーカーですが、よく見ると、「Crosby Square」と潰れた字で書いてありました。
謎メーカー連チャンと思っていたのですが、知っているところでした。ああ、なんだか安心しました。正体が完全不明の謎メーカーはどうもすっきりしません。


さて、こいつを保湿です。
ついでに北海道の乾燥したマイルームで乾燥しまくっているであろう靴も保湿せねば・・・。
いっぱい持っているとこういうときに辛い・・・しかし放っておくと、春に履き下ろすとビリっといくので・・・とりあえず危なそうなのはちゃんとやらねばいきません。
一緒にやるか・・・。折角の新しい靴ですが、もの凄く腰が重くなります。うむむ・・・。
スポンサーサイト

コメント

No title

これはまた素晴らしいですね!

結構旧いと思います。40sか50sでも前半以前のモノかと。Rodney Court は私の認識では Crosby Suareのエントリーラインかな、と。こんなん出てきませんよ(^^ゞ

保湿なんですが、あんまり旧い繊細な革はかえってボロボロになる可能性もあるように思います。。。

No title

>europeanblendさん
アタリを引いたと思っています!
Airfilmだと解りやすいのですが、これは謎で、比較対象がないのでよく解らないんですよね。
ただこういうのは消去法で、対象に当てはまらないため非情に古いという希望的観測を持ちます。そして結構本当にそうなるので、これもやはり希望的観測で、きっと良いものです!(笑)

保湿、革にトドメになることはありますね・・・。こいつはまだ生きている感じがするので、耐えてくれるかと・・・。
保湿ばかりが先行してますが、油の重要性を最近感じます。案外保湿はそれなり。むしろ油をちょっと大目の方が革の持ちは良いのかもしれませんね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スニゲーター

Author:スニゲーター
FC2ブログへようこそ!