記事一覧

謎のX野郎。

市場においてのボストニアンは大体70s以降。ビン靴マニヤの腐れ外道である私なんかからは、あまり注目されていないところです。
本当は決して悪いものだとは思いません。アメリカらしい、ぼてっとした感じです。
ボストニアン。なんか名前的にもぼてっとしてる印象です・・・、え?ボだけですか?そうですか・・・。
しかしそういうのが好きな方にはむしろ入手しやすく、「Crown Windsor」ばかりでなく、「STRESS-RELIFE DESIGN」辺りはむしろビンテージを漁るという価値が明確に存在する良品だと思います。

IMG_20170402_123420.jpg

しかし私はそれ以前のスマートさが好きなのでこっち!
内羽根ショートウイング。60sだと思われます。

IMG_20170129_133406.jpg

ライニングロゴはこれ。ヒールのデザインからもおそらく~60s。
ただデザイン的に50sではなさそう。消去法で60s。

IMG_20170129_133423.jpg
谷は羽根が二つ。虹は三つ。山脈にかかる虹のイメージ!

羽根の虹。
レインボー!これ、凄く好きです。
ウイングの最大の見せ所は、ここだと思っています。ショートもこのタイプが素敵!


IMG_20170129_133414.jpg

ライニングも謎のアルファベットが入り乱れるタイプです。
そして、未知を現す「X」から始まるナンバー。謎多きミッドセンチュリーボストニアンらしいです。
そんなXボストニアン。実際これが年代を判別するものだと思っていました。

20160718_121921.jpg

あっ、以前載せた40sボストニアン、XがVになってんじゃん!
この瞬間、私は確信を得たかの如く自信に満ち溢れたのですが、ちょっと調べてみたところ、明らかに40sでもX表記もありました。おっと、迂闊な事をいわないでよかったぜ・・・。
やはり謎の野郎。Xボストニアン。

IMG_20170402_124130.jpg
ダブルボストニアン。そしてキャット様。

おそらく同期のボストニアン。こちらもX野郎です。
ただこっちはシボがかなり強い。ステッチが意図的に合わない太さ。デザイン的には50sっぽいです。反面今回のものは、デザイン的にむしろ70sっぽい雰囲気も強いんですよね。ミッドセンチュリーのボストニアンが持つ、あの脳が曲がってるような、軽く変なデザインではないというのが、逆に、特徴だと思います。

IMG_20170402_123426.jpg

キャット様も大好きボストニアン。
スポンサーサイト

コメント

No title

私、このロゴのボストニアンを探すんですけど、マイサイズが見つかりませんね。
私も60s以前のボストニアンのスッとしたシルエットが好きです。ボテッとした靴が好きな男なんですけど、ボストニアンは別です。70s以降と全然違いますよね。ボストニアンは過去を捨て、大きく方向変換したのだろうと思ったくらいです。時代の流れで仕方がなかったんでしょうかねえ。

No title

>なおけんたさん
よくEndicott Johnsonなんかが珍靴を出すところと知られていますが、私もボストニアンは負けちゃいないと思います。
古いボストニアンが出てこないのは、この界隈にいち早く気づいた方々が既に大体持って行ってしまったからと思うくらいで、小粋なジョークのような靴を出してくれていた面白いところという認識です。
70s以降も良品ですが、それ以前のが良すぎるのでしょう。
私も特に気になってしまう~60sボストニアンですが・・・探すの大変ですよねぇ・・・。ただでさえ無いのに・・・・・・。

No title

頭文字のBが下に飛び出ると60s。上に飛び出ると50s。ざっくりそんなイメージを持っています。

最後のキャット様の写真を嫁に見せたら、「臭いから顔をそむけてるの?」と言っていたので、「違う!コレはいい匂いがするからスリスリしてるんだ!」と言っておきました(ー_ー)!!

北海道もそろそろ換毛期ですかね。毛が飛び散って大変な季節です。

No title

>kuromameさん
記事を載せてから気づいたのですが、これは62年のカタログに出ていたため、その辺りでしょうね。
むしろデザイン的に70s~っぽい感じがあるため、60s前半というのが逆に意外。

実際のところキャット様は革製品を狙っているのだと思われます・・・。
一度爪磨ぎをされたことがありまして・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スニゲーター

Author:スニゲーター
FC2ブログへようこそ!