記事一覧

マッコールでブッ殺す。

カナディ祭り!・・・・・・・・・。
起こると思いきやどうも怪しい。なんと一部ソールが剥がれかけているという、靴において致命的な事態に。
何故でしょう。カナディと私は縁がないのでしょうか?スコットマッコールを入手したときは、あるものだと信じ込んだのに。

IMG_20170409_154136.jpg
靴下も赤い!

ところでビン靴着用派、総帥といわれて気を良くしての着用画像。
北海道はまだちょいちょい寒いため、ウールのスラックス。どの靴ともいけるぜスラックス。

IMG_20170409_154119.jpg
まだよく見ると汚い・・・。でもかなり頑張ったんですよ・・・。

マッコール!カナディ靴との縁がないのでは?と思う前の気楽な休日に撮った写真です。
ハーフサイズ大きいというのもあるのですが、中の革が異常に滑るため、実際のサイズよりも足に遊びがあります。先のみの中敷きが必要かな。
ああそうそう。マッコールといえばさらに偶然・・・・・・。

imagesik.jpg

「イコライザー」
主人公の名前がマッコールの映画。カナディ派のそこのあなた、必ず観ましょうね!
最近流行のようです。元特殊工作員であった無敵の主人公が悪党をギタギタになぎ倒す。悪党からすれば最早ホラージャンル。
偶然手を出した女の子の周りにいたオッサンが、偶然元特殊工作員で、ヘッ、オヤジ一人で何するってんだよ。などと高を括っていたら、組織諸共全滅させられる系の内容です。
オヤジがうぜえから殴ろうとしたら仲間が皆殺しにされちゃった!まったく部下Aはボスになんと報告すればいいのでしょう・・・。

maxresdefault.jpg
勿論こいつ数分後に死にます。

まぁハリウッド的にはコックが偶然無敵のオヤジなのは80年代からの伝統ですし・・・日本だって偶然現れた年寄りが水戸光圀なんて結構よくある話ですし・・・。
しかしセガール映画からの伝統で、主人公が無敵であるという事に対する説得力が凄い。セガールほど強そうな人間は出ませんが、プロフェッショナルが戦う。という一点において、研ぎ澄まされたように鮮麗化された表現は、流石ハリウッドといったところです。

imgikli.jpg
喉元にサックリ刺さってます。

80年代のドンパチマッスルアクションとは違い、プロのバイオレンス感、必要な行動をし、必要な殺傷をする。という展開は、非情さを感じる展開ですが、主人公の行動理念が、何かしら自分の正義に則っているため、不快さを感じない、甘さ控え目の珈琲を飲んでいるかのような味わいがあります。
さぁ、カナディを愛する皆さん。マッコールの勇姿、ツタヤでレンタル100円ですよ!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スニゲーター

Author:スニゲーター
FC2ブログへようこそ!