記事一覧

WEYENBERGの全力投球!

私が隠し持っていた虎の子。ここぞというときの秘密兵器!
に、図らずもなってしまった1足。何故か今まで、ずーっと表に出すのを忘れていました。
でもいいものです。虎の子になる資格十分ッッッ。

IMG_20170423_160451.jpg
ドヤーッ。

WEYENBERG 「Silk Label」444022 外羽根U-wing。
シボー!外羽根Uー!布タグー!最早何処を取っても、私の大好きシューズ。
これだよ、こういうのを探していたんだよ。40s~50sの間にあった、60sの完成されたデザインではないが、30s以前にあったような実験的靴ともまた違う、完成からあぶれてしまった、この時期ならではの試行錯誤的デザイン!解りますか?もの凄く遠回しな言い方ですが・・・。
実は9ハーフという私には大きいサイズ。なのにフィット感、外見、共にジャストという不思議。奇跡的な、そして運命的なものを感じますよね!

IMG_20170423_160539.jpg


外羽根デザインは、どうしても無骨になりがちですが、しかしどうして、この繊細さ。
柔らかくUの字が着地しているこの感じ。

IMG_20170305_130900.jpg

何故か逆さになってしまう画像、たまにあるのですが、FC2さん、一体どういうことですか、これ?
シボシボのアッパーに反し、つやつやの先端。吊り込みに気合が入っている証拠です。(ちょっとキズ入っちゃってる・・・処置せねば)
U-wingはステッチが、2.2になることが多いですが、こいつはもの凄く細かい2ステッチです。
スペクテイターに多いタイプの2ステッチ。おそらく同じステッチを施さないことで、立体感を出そうとしているのかと思われます。
立体感と繊細さ、そして外羽根の力ある外見。凄く良いものですが、同時に絶妙な珍靴ではないでしょうか。

IMG_20170305_130757.jpg
良靴要素フルコース!

布タグ、ハウスユニオン、古いのに黒ライニングという、圧倒的布陣!
この黒いライニングは、表と遜色のない革質で、旧ロイヤルの初年度版を思わせるレベルです。流石はSilk Label。お蔭でライニングの劣化はぜんぜん心配ありません。
ハウスユニオンは130番。さらにはエアクッションのパテントナンバーが微妙に古いのもまた特徴。
以前載せたU-wingよりもさらに古いと思われます。

IMG_20170423_160517.jpg
やたらとくすんだ色に写ってしまった・・・。

U-wing、またの名をウォーズマンシューズと呼ばれていますが、羽根を外したらこっちは完全にウォーズマンですね。
U-wingに外羽根で200万パワー!!いつもより古いパテントナンバーが加わり、200万×2の400万パワー!! そして、いつもの3倍の細かいステッチを加えれば、400万×3の バッファローマン!お前をうわまわる1200万パワーだーっ!!

追記
写真がちょっと見づらいので、もうちょい鮮明に。

IMG_20170430_134203.jpg

IMG_20170430_134224.jpg

IMG_20170430_134220.jpg

IMG_20170430_134211.jpg

そういえばしばらくWEYENBERGは手にしていません・・・(値上がりし過ぎ・・・)久々になんか1足良いのないかなー。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スニゲーター

Author:スニゲーター
FC2ブログへようこそ!