記事一覧

FUCK YOU

参ってしまいました。

ebayで夏にトラブルに遭い、しばらくは恐れて近づきもしていなかったのですが、最近復帰。
・・・・・・そして復帰第一弾でトラブル。
原因は、靴の出品者の表記サイズと実際のサイズが違うという事でした。
そう考えると一方的に向こうが悪いのですが、今回は写真の中に、ライニング表記が写っているとの事で返品を拒否され、FUCK YOUしか文句を思いつかない私には非常に辛い状況です。

間にいくつか挟んでいる状況であればこれもまた良しなのですが、連続は辛いです。ebayが怖くなります。
デッドストックのため手に入れたものをそのままヤフオクに流しても元が取れそうなのですが、また面倒かつリスキーで、頭が痛くなりそうです。
しょんぼりしながらヤフオクの出品準備でもしましょうかね・・・・・・。

などと思っていると、直後に落札した別の品の出品者様からの驚くべきメッセージがきました。いや、本当に驚きの。

(要約)この間発送したってメール送ったけれど、間違えて別の靴送っちゃった!これから落札した靴送るけれど、返さなくていいよ、あんたのもんだ!

な、なんという豪気!アメリケンのビッグなハートを垣間見ました。
プラスマイナスをゼロと割り切り、なんとか心の安定を図れそうです。
スポンサーサイト

コメント

No title

ebay(というかアメリカ)は大雑把ですよね。
日本だと細かい対応が必要ですから、間違いがあればそれなりに対応してくれる場合が多いですが、さすがアメリカ。
説明が間違っていても落札者側にも責任を求める姿勢は日本人には馴染めませんね。
でもその大雑把さで救われる面もあるんですね。しかも別の人物による大雑把さによって・・・。
雨降って地固まるでしょうか。
ヤフオクを上手く使われれば、必ずプラスに転じますね!「災い転じて福となす」です。

私もデッドストックを入手してサイズが合わなかったり、説明以上に状態がひどかったりしたことがありますが、オークションをうまく活用できました。自分が履けないのなら、それを求める人に譲った方がいいですからね。
「人間万事塞翁が馬」ということもあります。悪いことの後にはいいことが巡ってきます。

お互いにめげずに頑張りましょう。

No title

>なおけんたさん
表記ミスなんて日本じゃ大問題ですからね。
細かい言い訳は通用せず一方的に怒られるのがオチですが、こっちは勝手が違います。
何分英語力がないため、長期戦に持ち込まれると非常に不利ですし。

そしてもう一足はNunn Bush Ankle Fashionedという事でした!やはり盛っているでしょうが、戦前品との話。こ、これは嬉しい・・・。
こちらは目当ての品と違うため、サイズの問題もありますが、売れば金額分利益になりますのでむしろプラスかもしれません。
これはもう一足買えるかも・・・(笑)

コメントの投稿

非公開コメント