FC2ブログ

記事一覧

お久ブリテンシューズ。

お久ブリテン!
前回復活したとか勝手なことを抜かしながら、大した復活もできずに、ネットが再び切れたり、再復旧後はGoogleとYoutubeしか繋がらないという、連続した苦難に見舞われ、なんとか今日に至る悲劇。哀しき宿命に年末までこの有様でした…。(本当に再復旧したのは先週なのでやはりそれなりに更新サボってはいたのですが…)

dbcnd.jpg

お久ブリテンということで、今回は英国シューズ!……で、ありながら、実態はカナディシューズ。そう、ブリテンとカナディ両方の顔を持つ、例の奴のシューズなのです。

DSfaeC_0002.jpg

Dacksの70年代の品と思われるU-wingシューズ!
英国の流麗さを持ちながら、米国のパワーを備えるカナダならではのデザインではないでしょうか。全体的にお上品で細かいながらに、多少のことではビクともしないような剛健さも兼ね備えているのです。
このデザイン、かなり長く探してまいりましたが、ようやく私の手元に舞い込んできました。

DsagrSC_0006.jpg

U-wingは先端から眺めるのもいいですが、下から頭に向かって眺めるのも、先端の特殊さが伝わるポイントです。

Dvs6nmoSC_0010.jpg

当然とばかりに細かいステッチに、パンチが大暴れするような、一見して情報量の多い派手なデザインとなっております。
よく見るとアッパーの部分はシボではない…。と見せかけ、やはりかすかにシボがある。かなり革を引き延ばしたのでしょうか?
先端部分がそうなっているのはよく見ますが、アッパーまでそうなっているのは珍しい。

DSdaaC_0003.jpg

ダックスマーク。70sなのは勝手な予想で、実際のところいつ頃のかは解らない…。
でも60s以降じゃないかと勝手に思っております。ここの古いものは結構レアですし。

DacdehSC_0005.jpg

ロゴはまだ残っております。そして皇帝の様に釘を土踏まずに持つソール。当然のようにブ厚く、表の繊細さとは裏腹の、流石なメイプルリーフパワーを持っているのです。

DSdrhC_0007.jpg

お尻。微妙に手抜きな感じの三角かぶせが施されております。
実物は写真以上に手抜き感があり、もしかしてここだけ後から上乗せしたんじゃ…。というくらいには微妙。とはいえ制作時の穴が開いているため、確実に修理跡ではありませんが…。

Dht69SC_0009.jpg

今年の締めか、来年の一撃目に持ってこようか悩んだカナディシューズ。
しかし今までにサボっていた後ろめたさがあるので、一撃目は出し惜しみをしないことにしました。
あとお久ブリテンシューズという言葉も思いついちゃいましたしね…。
というわけで、シューズ博徒スニゲーター復活いたしました。今後もローペースながら、ちまちまやっていく、「予定」でございます。
スポンサーサイト



コメント

No title

「お久ブリテン~」のネタをやるため、わざとサボってたんじゃないの?と勘ぐっている、どうもクロマメです。このシボは例のスコッチグレインさんじゃないでしょうか。

電池さんが古めのダックス持ってましたよね。ひし形のタグがつくやつ。
https://ameblo.jp/asdf1362asdf/entry-12075854378.html

ワニ氏のも古そうなロゴですが、60s後半~70sくらいなんですかね。

で、年末年始早々なんですが、ワタクシの次のネタ、カナダから届いたブリテンさんです笑。

No title

これはブリテンとカナディで600万パワー!、
そしてシボとUウィングでお前を超える1200万パワーだ!ってやってそうな靴ですねぇ。
(ウォーズマンはロシアの超人だった気がしますがw)
やはりカナディ靴は素晴らしいです。

お久ブリテン!
いや~、暖冬なのに既に凍えてしまったんじゃないかと思ってましたよ。

詰め込み過ぎなUウイング、良いですねえ。しかもアッパーはスムースと見せかけてチョイシボさんなので耐久性がありそう。
このタイプは1年程前にデッドのマイサイズを逃して以来、縁がありません。羨ましや~

No title

お久しぶりです。
随分と冬眠されていたので寂しい思いをしておりました。
このダックス、60sだと思いますけどねえ。
これが60sとすると、Uウィングいつ頃から登場してるんでしょうかね。

過剰なブローグ

スニゲーターさん

ご無沙汰してました、と思えば、すごいブローグですね。ヒールには、ビスポーククオリティとかいありますし、作りは丁寧そうにも見えますが。

じつは12月の最初に、札幌に仕事で行きました。クレープソールのレッドウイングでいったのですが、凍った地面で激しく転倒(笑)。ズボンに穴が空きました…😢。甘かったですね。

あと、リアルモンキーという古着屋にも行きましたが、けっこう、品揃えありましたね。面白かったです。

来年もう一度行くときは、ビブラムにしましょうかね…。

No title

>クロマメさん
また間開けてしまったらブリテンシューズで許しを請います。ごめんねブリテン!
そんなブリテンダックスですが、ひし形は60sでしょう。しかし80sのものともロゴが微妙に異なる。という消去法で、そのくらいの時期なのでしょうね。
映し損ねましたが、ヒールもゴムですし。
そして新年ネタは、私も再度ブリテン予定でございます…。今は空前のブリテンブーム?

No title

>ki102otuさん
ロビンマスク級の衝撃の一足!
ブリテンとカナダの友情パワーで1200万パワーは固いですね。さらにウォーズマンデザイン。超人師弟コンビでもあるという…!
正にいいとこ取りの魅力。米国テリーマン的な武骨さもたまらない!

No title

>Ironさん
長らく氷漬けになっておりましたが、カナディとブリテンのパワーで氷解できました。
この上品さと武骨さの合わさった、正にカナダの所業!という感じがU-wingに詰まっているという喜び。
是非実用面でも頑張っていただきたいものです。

No title

>なおけんたさん
お久ブリテンございます。
死亡していたかと思いきや生き永らえておりました。休止の告知をすればよかったのですが、再び断絶でしたので…。(コメント欄にというのは面倒くさかったので……という酷い理由)
年代は…60sの小窓ではないが、80sのロゴとも違う。という、結構ざっくりしたことしか解りませんね…。
カナディU-wingは60sで確認されているものはもうちょっとデザインが長く、こいつは丸っこいため、マイナーチェンジが行われた後のようであるということ、白文字であるということ。(カナダにその発想が通るか分かりませんが…)そのためそれ以降かな…?と思っております。
ダックスで同タイプの外羽根U-wingがありますが、そっちはジョン・マッコールに雰囲気が似ております。結構カナダU-wingの歴史は深そうでございますね…。

No title

>しんのすけさん
お久ブリテンしました。ダックスにおいて、ビスポーククオリティはかなりアタリ率が高いですね。(そうそう数を手にしちゃいませんが…)
その中でも是非手にしたかった一足だったので、結構嬉しかったりします。
そして札幌に来ていたんですね。
積雪地帯はソールもありますが、現地の住民特有の歩行法がありますので、そちらが転ばぬ術の半分を占めております…!
と言いつつ、2年ほど前に私も同じことをやらかし、痛みとズボンの穴に泣きそうになりながら帰ったものですが…。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スニゲーター

Author:スニゲーター
FC2ブログへようこそ!