記事一覧

スマートU-wing

WEYENBERGのU-wingチップ。年代は50年代かと思われます。

20160117_121500.jpg

左側に直し痕があるのは目をつぶってください。そうすると美しいでしょう!

20160117_121513.jpg



2重ステッチが二本。フローシャイムのU-wingと同じタイプですね。

布タグ。アーチサポートにはPAT 2.585.391。
旧MASSAGICロゴと見ているだけで嬉しい内側です(笑)

20160117_121506.jpg

前回のU-wingと比較しても、明らかにスマート。

20160117_121531.jpg

さらにフローシャイムとの比較。

20160117_121655.jpg

フローシャイムが一番スマートでしょうか。
靴好きはすぐに並べたがるという意見を聞いたことがありますが、まさにその通り。
内羽根U-wingは美しいですね。なんでなくなってしまったのでしょう・・・。

20160117_121704.jpg
スポンサーサイト

コメント

No title

私は天邪鬼なのか、「大いなる2番手」というのが好きです。コンバースじゃなくてプロケッズ、リーバイスじゃなくてラングラー、コカコーラじゃなくてペプシ、カルビーじゃなくてコイケヤ(笑)。旧靴の世界ではフローシャイムが王様扱いですから、やっぱりウェインバーグ(^^ゞ フローシャイムのデッドともなれば高値必至ですが、ウェインバーグはまだまだお安い。悲しくもあり、嬉しくもあるという。。。(笑)

私がこのブランドやFSPを知ったのはシューティーさんで、当時はオールデンしか知らなかったので、ウェインバーグ?FSP?何それ?やっぱオールデンでしょ、とガン無視でした(^^ゞ 良さを知ってからは他のお客さんがオールデンばかり手に取るのを見てて、はがゆさを感じたりも。

どの世界でも人気と実力は必ずしも比例しないんですねえ。

No title

>europeanblendさん
それは私にも解ります。ビンテージ靴入門はフローシャイムインペリアルだったのですが、その後ハノーバーに強く惹かれました。
勝てないライバルの一歩負けている姿に魅力を見出したからです(笑)
しかしそこからビンテージ靴の世界の追求が始まった気がします。

そういう意味では最近ナンブッシュがマイブームです。70年代からどうしようもない扱いを受けているB級靴屋。その凄かった昔を探し手に取るのは、非常に面倒ですが楽しいです。

No title

私も王道よりも1歩2歩外れたものが好きです。
ドライブするとき、メインストリートとは違う裏道とか選んで失敗するときもあります(笑)。
でも、この道選んで正解だったときの喜びは格別です。
そういう気質ですから、Weyenbergは大好きです。
Weyenbergは選んで正解の靴ですね。
ただ、気づくのが遅かった。
今や手ごろな価格のデッドストックにはお目にかかれません。

・・・・と言っておきながら、マイブームは(古い)J&Mです(笑)。
個人的な感覚では、古いJ&Mは数が少ないので、古靴界では王道ではなくマイナーなんです。昔と今では立場が逆転してますね。

もちろん、Uウイングも狙っているんですよ。

No title

>なおけんたさん
J&Mは昔と違いあんまり値段あがってませんね。昔はフローシャイムの方が安かったのに今では逆転です。
逆張りとしてはいいポジションですね。
しかし古いJ&Mは大変です。ナンブッシュどころではないでしょう。
なにせ個体数が多すぎる、古物が少なすぎる。という条件ですからね。
私も少し漁ろうと思いましたが、苦労のわりに報われないので諦めました。なおけんたさんは是非頑張って面白い記事を。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スニゲーター

Author:スニゲーター
FC2ブログへようこそ!