記事一覧

スカーフェイスだけれども

先日のナンブッシュ。一通り手入れをしたのだが・・・。

20160212_193338.jpg

結果的に先の方はこういった状態であります。

20160212_193400.jpg


思いのほかヒビが強く残ってしまった。
恐らく元の状態が相当の厚化粧だったと思われます。おのれ、やってくれるな・・・!
ネットオークションの写真家の方々は誤魔化しのプロの方でもいらっしゃるのでしょうか。と思うくらいには散々掴まされてきたので、まあこの程度なら苦笑いで済ませます。
面白い型ですし、状態が状態なので、普段履き用として楽しませていただくでしょう。

20160212_193351.jpg

内羽根の形に外羽根。まったく変な靴です。

さて、この靴ですが、私の足のサイズにはギリギリ。これは踵が心配です。
というか恐らくはすぐなにかしらあるでしょう。割れるとかヒビとか破れとか・・・・・・。
そのためこいつの出番です。

20160212_193437.jpg

ダスコ・レザーストレッチ!

所謂、革伸ばし剤です。恐らくは、多くの人が眉唾レベルでしか認識されていないでしょう道具です。
しかしこれは使えます。個人的には大当たりの品でした。
一か八かで買ってみたのですが・・・。

恐らくワイズ一つ分は伸びます。
CはD
BはC
Aは・・・Bに届かないですが、それなりに。

革伸ばしには水を用いられますが、これは明確に水よりも伸びます。一度では難しいですが、数回続けていると、きつい靴も心地よく、雲泥の差です。
ストレッチャーにかける際も、一度使っておくと、職人さんいわく、1~半回転多く回せるそうです。(40sCrosby Squareを実験に差し出しました。冷や冷やしながら・・・)

ストレートのようにごつくない靴でしたら伸びやすいです。
しかしウイングなどの厚めの革はなかなか伸びませんが、それでもきわどい場面からは救ってくれます。
私のお薦め品です。
スポンサーサイト

コメント

No title

これは、けっこうヒビいってますね(-_-;)

自分だったら、多少リスクはありますが、軽めにヤスリがけして、サフィールのレノベイティングクリームで補色しちゃうかな、と思います。

これまでも、特に黒靴の場合、トゥのキズはヤスリがけして、補色して消してきました。茶靴だと上手くやらないとムラになっちゃいますが、黒靴はわりと何とかなっちゃうんですよね。

それにしても、確かに内羽か外羽かよくわからない形状ですね。初めて見ました(>_<)

ダスコを紹介してくださり、ありがとうございます。

実はいま、「8.5D」の靴を落札したのですが、多分キツイだろうな、と思っています。でも、ワイズEくらいまで伸ばせれば、何とかなりそうなので。。

No title

>kuromameさん
そういう実験めいたこともこの状態なら気兼ねなくできますね。今度の休みに頑張ってみようかなと思います。会社が休みをちゃんとくれればの話ですが・・・。

ダコスは頼りになります。少なくとも普通にストレッチャーにかけるよりも効果が期待できる、隠れた名品です。
ただし厚い革を伸ばすのが大変なんです・・・。ケンムーアなんかはほとんど効かないんですよね。他社製品だとどうなのでしょうか?
どうせ千円ちょいなので挑戦してみようかな。

No title

このデザイン、戦前のカタログに“Tuxedo Last”として記載されているモノに似てますね。文字通りタキシード、正装用の靴かと。このモノ自体は、おっしゃるように50s~60s付近に見えますが、たいへん珍しいデザインだと思います。是非復活させて下さい。

No title

なんと、完全なフォーマル用だったとは。しかし言われてみればそんな気もします。
試しにちょっくら削ってみます。
成功したら他にもやってみたい靴がありますし、モルモットになってもらいましょう(笑)

コメントの投稿

非公開コメント