記事一覧

天国か地獄か、お前次第さ。

先日のボストニアン、ズ。
クラウンウインザーとの比較で個性を確かめてみましょう。

20160424_132834.jpg

左がズ、右が王冠。
もっと近づけて・・・。こんな感じです。

20160424_132841.jpg

今度は逆で、左が王冠。右がズ。
ステッチの太さが明らかに違い、なおかつ非常にスマートなのです。

20160424_132847.jpg


またズの方がシボがはっきりしています。古い靴好きにはたまらない、セクシャルポイントです。

恐らくは50s後半~60sの品かと思われます。
ライニングの文字が、数字とアルファベット入り乱れるものは、40sで見たことがあるので、年代は古いと思われるのです。思われるのですが・・・・・・。

20160424_132854.jpg

なんかァ・・・ヒドゥンが綺麗すぎじゃありませんか?出し縫いも綺麗に隠されすぎだと思っていると、同じものをSUPER8SHOESさんのかつての記事で発見。
「もしかするとセメントかも」という、購入後、私がずーっと目を背けてきた事実を見事に叩き付けられました!
いひひ、やっぱそんな感じしますよねえ。いひひひ、私も最初に思いました。

どうしたもんでしょう?デッドなのだし、形自体は大好きなのですが・・・。セメントの可能性を考えると、どうしてもこの靴を愛する事ができるか心配なのです。
うーん。表面で見れば最高。底は・・・。いや、しかし、たった一つの欠点で、手の平をかえすというのは・・・。でもなー。
どうでしょう?私はその辺どうすればいいんでしょうか?うーん。




予断ですが、昨日、このブログを国内有名革ジャンブランドの方が拝見されたようです。こんな辺境の地にわざわざ。
・・・先日革ジャンほしいと記事にしましたが、そこの物を買えという、神の啓示でしょうか?
スポンサーサイト

コメント

No title

この件、お伝えしようかどうしようか実は迷ってました。
私もステッソンのセメント持ってます(^^ゞ
たぶん60sだと思うんですが、この頃になるとチラホラ見かけますね。。。
要は底付けの手段が違うだけで、吊り込みまでは通常の手順ですし、よりスタイリッシュに見せるためのモノでしょうから、今のコスト重視の安モノとは全然違うと思います。靴好きはどうしてもグッドイヤー原理主義に陥りがちですから、「いやいや、製法にこだわってるうちはまだ坊やだよ!」という姿勢で良いのではないでしょうか。。。

No title

>europeanblendさん
やっぱりセメントですよね、これ・・・。
しかし本来気にしても仕方ないはずの部分なんですよね。
どうせこの時期の靴はオールソールとすると嫌がられるだけですし。(もの凄い面倒と言われました)
気にせず履き下ろしましょうかね。デッドなら売却すれば・・・。なんて迷いをさっさと振り切るために。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スニゲーター

Author:スニゲーター
FC2ブログへようこそ!