記事一覧

ゾンビと靴屋

早速靴に関係のない話ですが、家にあった超名作、ドーンオブザデッド。邦題「ゾンビ」なんというシンプル。お蔭であまりに検索しずらい。
それのDVDが再生されない!な、なんてこった。
という訳で早速新しいものを購入。後日届きます。ちなみに今回の記事はネットで拾った画像です。ちゃんと買ったので許してください(笑)
ゾンビの映画ですが、ゲテモノ映画と思うなかれ。紛れもない名作です人間ドラマなのです。今度2時間くらいかけて真面目に紹介記事を書きたいです。いや大マジです。

ところでこの映画の舞台のショッピングモール。

dod1.png


dod2.png

やたらと靴屋が多いんですよね。たしかフローシャイムもあったはずです。
一軒のショッピングモールに靴専門店が、4つは映ります。ななな、なんというたまらない話でしょうか・・・。
しかしこの映画、78年の映画なんですよね。HANOVER74年倒産説は確実に間違いですね。


dod3.png

次回はこの流れでHANOVER行きたいと思います。


ところで昨日の記事の品。やはりオークション行きです。良ければご覧下さい。入札下さい。
http://page15.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/t451278231
スポンサーサイト

コメント

No title

これですね、以前おっしゃっていたのは。
確かに写ってますねえ^_^

「74年にハノーバー工場譲渡」が正しいんでしょう。
こういうの難しいんですよね。ブランドの名跡を他の会社が継いでることも多いんで、××年に倒産、とあっても、それ以降の年代のモノもあったり^_^;

70s後期にすでにこういうモールがあったんですね。
町の中心部から郊外のモールに客が流れ始めて、老舗靴店が過疎りはじめた、という。

私がアメリカにいた80s中頃は大型モールの全盛期でした。ちょうどBTTFで最初にデロリアンが50年代に行くシーンがモールの駐車場で。

今はこの当時できた古いモールが廃墟になってる例も多いようで、時代の流れを感じます。

今からゾンビ、借りてきます(^^ゞ

No title

>europeanblendさん
まさにこれです。よく見るとフローシャイムもあったはずなので是非探してみてください(笑)
ゾンビはカルト人気がある映画なので、バージョンが多いんですよね。お勧めは米国劇場版。逆にあまりお薦めできないのがダリオ・アルジェント版。ディレクターズカットは本格的にはまってきたらどうぞ。

アメリカに滞在されていたのですか。どうりで細かいところまでお詳しい。
80sショッピングモール全盛期は当時の映画に大きく雰囲気出てますよね。でかくて物が沢山ある国というイメージの象徴みたいでした。今となっては寂しい背景も見えますが。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スニゲーター

Author:スニゲーター
FC2ブログへようこそ!