記事一覧

私の冷戦、終わっていない。

アイディアが浮かびません・・・。

20160426_154534.jpg

この以前入手した、30sのスペクテイターデッド。field brothers and gross coというところのものですが、入手したときの状態は、酷いなんてものではありませんでした。

20160426_154538.jpg


白の部分は灰色と化し。革質も硬化が酷く、履けば一撃で崩壊するであろうことは見えていました。
なんとかここまでやった。という状態なのですが、それでもこの後どうするか?そこが思い浮かばないのです。
というのも、この不自然な白。うーん。どうすればいいのでしょう。元の自然な色に戻すためには、もういっそ染め上げるという手段でしょうか?

71b5nr4Kv.jpg

染めQは本革対応、ホワイトもあるぜ!
なんとも頼もしい話ですが、スペクテイターにスプレーの染材はキツイです。
などと思っていると、随分な歳月が経ってしまいました。

というのを、この間観た、「俺たちに明日はない」で思い出しました。
このシーンによってです。

bkd]

なんとも汚いスペクテイターですね。私が手に入れたばかりのときに似ています。
映画では出所したばかりというシーンなのだから当然なのでしょうけれども。
私では80年近くほったらかしだった靴なのだから当然なのでしょうけれども。

bkj.png

綺麗なのも履いていました。

この間観た、ゴッド・ブレス・アメリカの、どうしても口直しがしたかったので観ましたが、相変わらず面白い映画でした。
果たして本当に自由気ままに生きることが素晴らしいといえるのだろうか?
いえるんだよ。ほら、自由って素晴らしい。とテキトーに並べた、ゴッド・ブレス・アメリカがどうにも気に入らなかったのもあり、このじりじり苦しみに呑まれて行くボニーとクライドはたまりませんでした。
勿論、だからこそ自由ってすばらしーなー。と思えるのも間違いなく、しかしだからこそ恐ろしいな。という、イージーライダーなどでも語られる、自由というテーマに沿った内容は、流石名作の貫禄でした。
銃をぶっ放し、いやあ、爽快。という感じは、シュワちゃんだとか、セガールの映画とはまた違う、爽快さでありまして、バイクで風を切るような、ちょっとバランスを崩せば危なげさも潜んでいるのがはっきり解る爽快さです。
あと、流石古きアメリカ。革靴好きには、雰囲気、格好的にも観て損はない映画です。

br


ダウンロード

もういっちょ名作。ランボー。初代です。
2以降は観たことがあるのですが、そういや1は覚えてないな。と思い、手に取ったのですが、皆様は1、観たことありますでしょうか?前評判通り、ひたすら陰鬱でクソな素晴らしいたしかな名作でした。
2以降はひたすら重火器を乱射し、クソ野朗どもをぶち殺し、なんかそれで勝ってイエーイ。という雰囲気の漂う爽快映画の空気を帯びますが、1はひたすら孤立無援の中、虚しい戦いをひたすら繰り広げる、アホ一匹っぷりがいいですね。
負ければ死。勝っても虚しい勝利。というか勝ったら追っ手が増えて死ぬ。やってられませんね。
ベトナムで死に掛けた男がベトコンと同じ手段で戦うという、嫌味さも良い味をしておりました。

しかし格好良い姿もばっちしでありまして、暗闇でナイフに布を巻いて壁に突き立て、火をつけるシーンは、サバイバルの男。男なら文明社会から離れても平然としていられるんだぜ。という、実際はそうもいかない事をやってのけているスタローンの魅力。流石エクスペンダブルスの顔役。という男の憧れがありました。


・・・という映画を観たと主張する事によって、ゲテモノ映画ばかり観ているんじゃないんですよ。という印象を持ってくれると信じて並べておきます。
スポンサーサイト

コメント

No title

Field Bros and Gross Coって。。。\(◎o◎)/!
実物見るのは初めてかもしれません。

これは履けなくとも物凄いお宝だと思います!
コレクション趣味はないのかもしれませんが、
私やTomojinさんならケース入れて飾っときますね。。。

No title

>europeanblendさん
本当のところ、Field Bros and Gross Coがどう希少かすら解っていません。
安かったから飛びついただけの代物なので・・・。
デッドということもあり、履くに履けない対処に困る一品です。
希少だと余計に履けない・・・。
というのも、すぐ破けるとしか思えないのです。

No title

これはもう、貴重な文化財(世界靴遺産と呼びましょうか)を保護するという使命感を持たなければなりませんね。

ところで、スタローンですが、この人は1作目はいいものを作るが続編はクソ・・・というのが定番のような気がしますが。
ランボーしかり、ロッキーしかり。ロッキーはⅡまではよかったですが、Ⅲはひどかったですね。
続編のパターンはランボーと同じ(笑)。
初めにバーンと評判つくって、あとは惰性でお金儲けする・・・・(笑)。

でも、多くのアパレルブランドも最初は良くて後はどんどん品質が落ちるようになりますけど。

No title

>なおけんたさん
非常に高いハードルありがとうございます(笑)
革の白染めはマスターすると大きいと思うので、がんばってみたいところですが、その前にモルモットがほしいです。テキトーに安いスペクテイターにでも手を出しましょうか・・・。

実際、スタローンの名作<ロッキーとランボーの続編。という比率なので、どうしてもイメージが焼き直しの人という感じです。スタローンは何気に名作少ないんですよね。
まぁラズベリー賞常連なので仕方ないですけれど(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スニゲーター

Author:スニゲーター
FC2ブログへようこそ!