記事一覧

アメリカの罠


20160426_154453.jpg


先日届きました。WeyenbergのU-wing茶。

表面上は悪くありません。ヒールもまあまあと言ったところでしょうか。
布タグの履き古しであることを考えれば、むしろ良いと言っていいかもしれません。クラックはなく、見た目より皺も少ないです。
あくまで汚いだけであり、これは手入れ後が楽しみだ。と思っていたのですよ。思っていたのですが・・・・・・。

20160426_154502.jpg


しかしこんな悪魔のイリュージョンが隠されていたとは・・・。ebayの撮影者の巧みな技法と喧嘩も辞さない覚悟には毎度恐れ入ります。
履き口の革がはがれているではありませんか。せめてその辺書いて出品しやがれってんだ。

20160426_154515.jpg

さらにこの底・・・。地面に接する面が、見るからに怪しく、案の定指で押せば、嫌な音が・・・。
こ、この野郎。雨の日に履いたものを出しやがったな!!
革底が死にかけで、親指か人差し指と中指のタッグで押し込めば破けるであろう状態・・・。

br.png

なんてこった。してやられました・・・。
こんなもんを平気で出しやがって。買ったものの負けなのでしょうか。アメ公は冷酷です。

br2.png


Google翻訳と睨み合いながら出品者を罵倒するのは、非常に疲れます。米国と日本との美しい国交のためにも争いは止しましょう。潔く諦め、もう仕方ないです。修理しかありません。

しかしオールソールの依頼は、「超面倒」という理由で却下されました。
(黒Weyenbergもソールに問題を抱えており、購入した際に修理してもらったのですが、死ぬほど面倒だったそうです)
そのためハーフソールです。不味い部分には、間に革を貼ってもらうことで、とりあえずはなんとかなるとの事でした。
まあこちらとしても、買っていきなりオールソールなんてお金のかけ方をしたくなかったのでいいところの妥協案でした。

私はU-wingとは縁があるのか、今現在5足所有しているのでありますが、内3足は問題を抱え、すぐに修理行きとなってしまいました。
アッパーに問題が一足。ソールに問題が二足。
どういうことでしょう?いちいち神経を削られます。お金も地味に削られます。
先程はベラ・ルゴシ(役のマーティン・ランドー)に代弁してもらいましたが、今度は自分で言いたいと思います。

FUCK YOU!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント